FC2ブログ
2019/05/10

長嶋を超え、王を超えるか、‼️坂本大爆発、三冠王へ




開幕からの、連続出塁記録、、34個⁉️


とてつもない記録だ。
何と1発目の打席で抜いた。センター前ヒット。

今日はヤクルト戦、
投手は、エースといわれるライアン小川である。

解説の江川卓氏は、重信の打席を見て、「小川は今日は、良いですね。」といった、
がしかし、

丸は、その小川の足元を抜いて、ショートの右を抜けて、センター前に達した、

🔶今日の予想打順は、
捕手の小林以外、全部当たった。ー


🔶1回ウラー巨人
①重信ー空振り三振。
②坂本ーセンター前ヒット。
③丸ーーセンター前ヒット、ランナー2塁1塁。
④岡本ーボテボテのピーゴロ、1塁でアウト、打てないなら、自らバント犠打したら、何やら、記者に、「ホームランを捨てました」といったらしいが、(四番の看板と巨人を降りろ。)といいたい。記者ごときに、忖度してどないすんねん。
⑤亀井ー小川に苦手意識があると漏らしたらしい、アホか、案の定、波がある。ボテボテのセカンドゴロ、チェンジ。


🔵2回表ーヤクルト
山田ー空振り三振。
村上ー構えがえらく堂々としてきた。G岡本に比べ、凄みがある。高いライトフライ。
西浦ーレフト2ランホームラン、西浦はかなり長打力がある。(岡本が打てなかった責任が重大になる)
ヤクルト2ー0巨人


🔶2回ウラー巨人
①山本ーショート凡フライ、いかんいかん、あっさりしすぎ。
②田中ーセカンドゴロ、2死。闘争心がない、小川に向かっていってない。調子を乗せてしまう。
③炭谷ー150キロに、空振り三振、情けない、小林にかわれ。西浦に打たれた責任は
捕手の炭谷だぞ。2点ビハインドという意識があるんか。


🔵3回表ーヤクルト
①小川ー空振り三振。
②太田ー一度も振る事なく、四球。(悪いパターンの四球)
③山崎ーヒットエンドランだろう、サードゴロ、送った結果。ランナー2塁。
④青木ーこういう時の青木は怖い。何でもしてくる。セカンドゴロに終わる。チェンジ。


🔶3回ウラー巨人
(坂本と、丸が、小川投手について、長く話し込んでいるー素晴らしい光景だ、岡本も首突っ込め。)
①ヤングマンー3球目を大きな大きなライトフライ。
②重信ー初球をあっさりとセカンドゴロ。2死。淡白宣言。
③坂本ー4球目、外角高めストレート148キロ、空振り三振。チェンジ。


🔵4回表ーヤクルト
①山田ー四球。
②雄平ー山田、初球に盗塁。炭谷の遅い送球。
③村上ーストレートの四球、これで3人連続、ノーアウト満塁。
④西浦ーここで、先ほどホームランを打った西浦。2ボール続けて、原監督苦虫。2-2から、センター前ヒット。西浦じゃ変化球をうまく拾っている、ホームラン打ったから、バットがついていく。丸は下がっていた。追加点1点。
ヤクルト3ー0巨人

ここで、投手交代。
ヤングマン→高木京

⑤ ー坂本の後方にふらふらとフライ。坂本美技でとり、2塁に投げた。
⑥ ーしぶとく、四球を選ぶ、押し出し1点。
⑦ ーセカンドゴロ、山本獲って、本塁へ、アウト、2死。
⑧山崎ーショート前にボテボテで、投げられない当たり。スクイズのようで、1点。
ヤクルト5ー0巨人

⑨青木ーサード後方に打ち上げる、重信走って、ファウルグランドで、1点、摑むがが、落球。結局三振。


🔶いやいや、
ヤクルトに5点もとられ、小川投手の調子はいい。

🔶4回ウラー巨人
(江川卓氏は、「まだ、4回の中盤だから」と慰める。
①丸ー軽く力むことなく、センター前ヒット。
②岡本ーセンターの左前の方に、ヒット。
③亀井ーこんなとき、弱い亀井。しかし、素直に、センター返しをする。丸、全力疾走で、1点。
ヤクルト5ー1巨人

④山本ーセンター返し。4連打。岡本足遅く、かえれず、ノーアウト満塁。「新潟の再現あるか⁉️」と雄叫び。
⑤田中ーセンターフライで、岡本タッチアップ、ワンアウトで、追加点。
ヤクルト5ー2巨人

(外野フライで、一旦流れが切れる、と江川氏。)
⓺炭谷→大城ー原監督はえらく期待しているが、私はそうは思わない。大振りしすぎ、いつもホームラン狙い。結局、四球選びで、満塁。
⑦高木→代打阿部、満塁初球フォーク、空振り。当たり損ね、ピーゴロ、小川焦って二死とろうとして信じられない所に悪送球、巨人二者生還。
ヤクルト5ー4巨人

⑧重信ー打ち上げて、サードファウルフライ。2死。大きいのを狙いすぎ。みんなのようにセンター返しでいい。
⑨坂本ー見事にセンターに弾き返した。同点タイムリー。
ヤクルト5ー5巨人

10丸ー打者一巡。二死ランナー2塁1塁。丸のファウル打球が球審のマスクに当たる。時間とって治療中。攻撃のほうの流れが消える。一気に勝ち越したいところ。そてでも、流石の丸は、三遊間を抜く。2塁走者阿部が、廻って止まったため、後ろの坂本がオーバーランして、挟まれて、アウトになり、チェンジ。
(なぜ、原監督は阿部の代走を用意していなかったのか。阿部は走れないだろう、無理矢理走っても故障の心配がある。増田を出せばよかった。すると
勝ち越し点を取れていた。小川は未だ交代していない、もともとのエースだ。巨人は救援陣が、特に弱い。
巨人が今日、負けることになったら、阿部の代走を代えなかった原監督の大きなミスだ。結果良ければ良いじゃない。
小さいことの積み重ねが、大事であり、こんな癖は、ソフトバンクにひっくり返される。)

🔴ここで、
球審が交代ー早くしとけばよかったのに。球審が交代するのは珍しい、ストラうイクの取り所の違いが出て来る。

🔶さあ、同点。救援陣同士の勝負。


🔵5回表ーヤクルト
村上ー四球に逃げた野上、
西浦ー初球、村上盗塁、大城ダメ。なぜ、小林を出さないのか。凡フライ。


🔶5回ウラー巨人
①岡本ー内角高めシュート144キロを、レフトスタンド中段にソロホームラン、16試合ホームランを打てて無かった四番がやっと打った。
ヤクルト5ー6巨人

②亀井ー初球だった。これが連鎖反応というのだろうか、真ん中高めストレート143キロの球威の落ちた小川から、レフトの逆方向に連続してソロホームランを打った

③山本ー空振り三振。
④田中ー内野フライ、二死。
⑤大城ーセンターへのヒット。
⑥阿部ーセンターへのヒット。
⑦野上→代打陽岱鋼ー三遊間にヒット性の当たり、ショート獲って、2塁へ、セーフ。
⑧坂本ー右中間をぶち抜くあたり、3点タイムリー2塁打。これで、三冠王の情報あり。
ヤクルト5ー10巨人。

逆に5点差つけた。
⑨丸ー三振で、チェンジ。

ーーーーーーーーーーーーー

7回表ーヤクルト
巨人田口は、
ヤクルトから、2本ホームランとられた。救援の実力が心許ない。
渡邊ー左中間ホームラン、(初打席・初安打・初ホームラン)
山田かつてない哲人ーレフトにホームラン。
ヤクルト7ー10巨人


🔶7回ウラー巨人

また、ノーアウト満塁で、(坂本〜三冠王が増えるように)
(投手は、中尾へ)
「今日の坂本は、打ち出の小槌、どこ振ってもあたる」
と、おもろいこと言うアナウンサー。
結局は、打球は、サード真横、よく獲った、火の出るような当たり。


丸ー結局は、押し出し四球で、追加点、依然満塁。
ヤクルト7ー11巨人。

岡本ーライトフライ、雄平前進してきて、後逸。記録はヒット、依然満塁。
ヤクルト7ー12

石川慎吾ーセカンド後方にポテンヒット。2点タイムリー。
ヤクルト7ー14巨人

山本ーここでまた、ポテンヒットで、満塁。巨人は20安打。

田中俊太ーここ満塁で、バックスクリーン右に満塁ホームラン。兄に負けず劣らずで、パンチ力あるなあ。
ヤクルト7ー18巨人
(🏉こういうのを、ラグビースコアというのじゃないかあ⁉️)

🔶🔶結局は、
巨人19点ー23安打打った。


明日は、
ヤクルトー巨人
石川左ーメルセデス左である。

(予想打順)
2019/05/10

眼下の敵をたたきたい



まずを持って、
菅野が3発大砲を浴びて、ノックアウトされた敗戦の雪辱を期したい。

金1戦目ーヤングマン
土2戦目ーメルセデス
日3戦目ー山口俊
で、
3連勝をもくろみ、2位ヤクルトとの2差を、5差に突き放したい。

ヤクルトー巨人
小川(右)ーヤングマン(右)

 ヤクルト2年目の村上(熊本九州学院)が、見逃し三振で、一度スタメン外されて、覚醒してきた。ホームランがヤクルト1位になってきた。この若者を調子にのせるとヤバイ。また、ヤクルトは2位に粘っていて、眼下の敵でもある、
最低でも、2勝1敗以上をしたい。

(予想打順)
番守備左右、氏名
①左ー左、重信慎之介、ミスをカバーする努力をした、1番は本塁打よりも出塁率を期待、足で掻き回す役。
②遊ー右、坂本勇人、絶好調、打点3位、打率1位、本塁打1位。相手にとっての恐怖の2番。
③中ー左、丸佳浩、安定した打撃と守備が巨人の重しと目玉になっている、出塁率が高い。
④一ー右、岡本和真、未だ不足、若いので早出特打ちするべきだ、高校の時に嘘ばかりついていたと言う、情け無い。
⑤右ー左、亀井義行、ここ一発の力があるが毎回ではない。波をなくしてほしい。
6二ー右、山本、粘り強い四球と打撃力が出てきた、1番かも知れないが、下位の打撃は又違う。2塁だ

7三ー右、田中俊太、1軍再昇格の張り切り歓迎。足を生かして。
8捕ー右、小林誠司、強肩が1番の強み、ヤクルト打線と足と勢いを止めてほしい、バントを丁寧に。再び、右方向への打撃の見失っている。とにかく打ち取る配球をお願いしいたい。菅野もだが被本塁打が多すぎる。研究不足。

⑨投ー右、ヤングマン、丁寧に投げきること、
特に村上、山田、青木に本塁打要注意。青木は、本塁打から、セーフティーバント俊足まで多彩でもあるし、村上も多方向に打てる。山田は言うまでもない。川端も雄平も西浦も中村も、一発がある。今、バレンティンがいないが、他のバッターも怖く、しぶとい。巨人との首位決戦が長く続きそう。
2019/05/10

応援する気が失せてきたー大坂なおみ




また、負けた。

クレーコートで、勝ったと聴いて、、、


今度こそ、勝ち続けるのかと期待した。


ベスト8準々決勝で、ランキング18位に みごとに負けちまった。

相も変わらず、、、
自分のサービスミスにいらいらしたり、ラケットを投げつけたり、、

いつもいつも、、
自分に自分で怒っている。


泣いたり、わめいたり、、ものに当たったり、、、

何度も、何度も、、、

見苦しいったらありゃしない。あーあ、またかと思う。

大阪よし、もっと新悲劇自滅劇場ーーーーー

こちらまで、、、
苦しくなって、あきれてしまって、、、、応援する気が失せる。


日本では、(独り芝居)か、(劇団ひとり)と呼ぶ。


ランキング1位は、やがて下がるだろう。


ベイジンコーチを変えたのが原因か。

現今の新コーチと合わないのか。

そもそも、なおみ自分自身の課題か。


スポーツメーカーを、アディダスからナイキに変えたからか。
やる気、あるき❔ナイキ❔