FC2ブログ
2019/05/13

地獄をくぐらんと、、、ロッテドラ1藤原




ドラ1(大阪桐蔭卒)ロッテ藤原、1軍降格、、、
走攻守そろい過ぎたエリート中のエリート。

地獄を見よ、逃げずに、もがけ、
ー自分の住んでいる寮の部屋に、
何百万円を投資して、買った
眠れる道具と、筋トレマシン、、(心がけは、まちがっていない、正しい。)


それらの恩恵をもらっても、越せない壁がある、
そこがプロだ。

もっともっと、何年も苦しんでいる選手がいる。

藤原は、
きっと浮上する。地獄でもがけ、もがいたものが自分だけの
パワーになる、きっと。


2019/05/13

此れは冗談ではない、岡本をどうにかしないと得点上がらず、救援陣打ち込まれ、優勝できない一級戦犯ー岡本和真四番打者を何処に落とすか⁉️2軍か、移籍か、7番サードか




🔶岡本和真を、
どうするかという大命題。「2軍か?移籍か?7番サードか?」
のいずれかである。



岡本和真が、そのままだと、得点率が上がらない、
坂本・丸その他で、あげた得点を、救援陣が打ち込まれ、失点率、
差し引き、負ける、僅少差戦では、巨人は負ける。(大量点では、勝っても、次の試合が弱い。)

したがって、
優勝争いになったときに、優勝をとれない、
(あれだけ、勝っていた巨人が、もう1差である。広島もやっぱり、頭角を現してきた。)
ベスト3のクライマックスにも、
上がれないかもしれない。



🔶今のうちに、
岡本和真を7番サードにすべきで有る。
此れしかない。
プライドどうのこうのにこだわっている暇はない、
もし岡本和真にプライドがあるのなら、
7番から、4番に戻ってくるはずだ。

もし、プライドが無いなら、
思い切って、他球団に、トレードすべきだ。

それが、「GIANTS PRIDE」である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤクルトととのゲーム差が、1差になった。

今、
ヤクルトは、坂口、青木、山田、バレンティンの、1番から、4番まで、全員欠席、故障中という事である、普通なら考えられない。
巨人に例えれば、吉川尚、坂本、丸、岡本が故障になったという大事な事態であるという事だ。

もし、それならば、
巨人はガタガタだろう。


でもでも、
巨人は、坂本、丸を除けば、ガタガタになろうとしている。
1番の火薬庫は、誰もがおもう、
四番打者の岡本和真である。

1肝心なときに、決定打が出ない、(坂本、丸がチャンスメイクしても、音無しの構え)
2.?気の無い空振りばかり、
3.打撃の工夫がみられない、
4.打撃の、執念、食らいつき、選球眼、迫力、覇気が、無い、全くない。
5.ナインに、岡本さんと呼ばれて、舐められている、親しみではなく、上から目線、いじられている。
6.守備が下手、1塁も3塁も外野も下手。安定感がない。
7.顔に勝負師の凄みがない、ギラギラして居ない、
8.記者に、「ホームラン諦めました。」と、堂々と呟いた、馬鹿野郎、
9.早出特打ちの努力がない、
10.坂本、丸に学ぼうとしていない。
11.このぐらいの成績で、巨人の四番打者とは、恥ずかしい。
12.打順を落としたとしても、らちがあかない様子である。
13.智弁和歌山高校のときに、練習さぼり、嘘つきが酷かった。推して知るべしだ。
14.昨年の成績は、フロックだった。(昨年は、3塁手であり、それこそ、足腰が鍛がんばっていた。えられ、下半身に粘りがあり、しぶとい打撃を表して、3割30本100打点を残した、必死だった、努力をしていた、初めてもらった四番打者という責任感があり、頑張っていた。)原監督の再任の時は、岡本自身に、4番サードという黄金の看板を背負わせてもらう事を盟約していた、後から、助っ人として、獲得したビヤヌエバが、内野手ができる、かなり上手い方だ、だから、岡本への方針を変えて、結果的には、昨年と比較すると今年はぬるま湯スタートだった。


🔶原辰徳監督、最近の負けの原因を鑑みるときに、、、


誰か、一級戦犯を、上げなくてはいけない。


ーーー誰しもが思う、この人、

岡本和真、四番打者。

(結論)
①脅しでも懲らしめでもなく、実力的に、2軍か3軍に落とそう、、

②それでも、ダメならトレード要員だ。


③(折衷策)
岡本を、7番サードに置く。

新しい打順

①右ー陽岱鋼、パワーのある打撃、俊足、ベテラン、
②二ー山本泰寛、チーム打撃を学ぶべき、本塁打より四球、出塁率、バント犠打、堅実な守備、
③中ー丸佳浩、元々3番、坂本と順番変わっても、本質は変わらない。
④遊ー坂本勇人、実力的には本来4番、丸が前でも本質は変わらない、打点が増える、4番打者の本質さを岡本に指導すべきである。
⑤左ー亀井義行、意外性より安定感の打撃。
6一ー中島宏之、センター返しで十分、一発狙いでなくていい。その内に本塁打はでる。
⑦三ー岡本和真、ヤクルトの村上に比べて此処から再出発。今のホームランに上がらない角度の、ラインドライブは下半身の足腰がなまっている、手打ちになっている。守備、筋トレ、走り込みで、じっくり下半身を鍛えて、本来の打撃に生かす。そうやって、4番復活は数年後で十分。むしろ早過ぎたので有る。
⑧捕ー小林誠司、焦らず強肩を最大に生かす、セ優勝を奪還して、SB甲斐と勝負する事。見もの。
⑨投手ー