FC2ブログ
2019/05/15

神ってる広島逆転サヨナラで2位ーカビってる巨人4連敗、菅野大炎上、並ってるヤクルトと阪神で2位が3チーム。




巨人が4連敗で、
途中確かめたら。ヤクルトが勝っていたので、同率首位かと思っていたら、

広島が、
大逆転サヨナラ勝ちをしていた。

この試合は、なんと、あの忍者名手菊池涼介が、タイムリートンネルエラーをして、一時期、2点差であった。
それから、逆転のドラマが進行する。

4番打者鈴木誠也、
12号ソロホームラン、
13号逆転サヨナラホームランをかっ飛ばしていた。

まさに、神ってる広島が、鯉のぼりの5月に、復活してきた、、、、

あの熊本の藤崎台球場におけるクックからの、サヨナラ勝ち以降である。
あの日、
広島に、火を付けたのが、巨人軍だったと、私も何人もコメントしてきた、その種火が、燎原の火の如く、大火事になってきた、嘘から出たまことという真実になってきた。



あれ以来、
「カビ」ってる巨人は、
中継ぎ破壊現象、打撃破壊現象、先発破壊現象、4番破壊現象、、原指揮破壊現象、になってきた。
今日は、エース菅野が、10失点炎上して、
追い上げたものの、負けて、4連敗した。


並ってるヤクルトと阪神は、2位同列。


ーーーーーーーーーーーーーーー

順位表は、下記の通りである。
が、しかし、
上から、4チームは、僅かゲーム差1差以内で、並んでいる。
つまり、どんぐりの背比べである。

巨人は、今週末でも、いつでも、4位になる。クライマックスの圏外に追いやられる。

ジャイアンツファンが抱く首位奪回、優勝奪還なんぞは、まるで、
鉛筆画のように消えてしまう。



首位、巨人ー21勝16敗、0
2位、広島ー21勝18敗、1
2位、ヤクー21勝18敗、0
2位、阪神ー21勝18敗、0
5位、中日ー17勝21敗、3.5
6位、横浜ー14勝24敗、3
2019/05/15

大谷翔平が出場し続けていることがl、歩く神話になる。



🔴今日の試合は、4打数3安打1打点、
打率321に到達。


大谷翔平
ーーー猛打賞アンド3試合連続打点。

大谷が打点すれば勝つという神話崩れるーそんなの神話ではないわ。
大谷が出場しているのが、神話である。
順位が、2位になっているのだ。

優勝は、夢ではない。



明日も、試合らしいが、
日本時間では、実は今夜の深夜2時からだ。


1日ダブルヘッダーで、
嬉しいね。
たのしいね。
2019/05/15

翔タイム‼️新型フォームで、今日も1発行こうか。同僚トラウトの想い。




(新型フォーム)
あのレジェンドイチローも、例の振り子打法を、海を渡って、変えた、そして毎年、フォームを変えて行った。
一年目から首位打者を獲って、メジャーファンの度肝を抜いた。いった。


①引きつけて打つ、
②その分、フォロースルーが大きい。
③昨年よりスイングスピードが速くなっている。
④身体の筋肉がよりたくましくなっていて、ひと回り大きくなっている。
⑤バットさばきが素晴らしく上手く、速い。
⑥左肘が、より開く、
⑦スタンスが広め、
⑧その結果、重心が下がった位置になる、
⑨打球に角度をつける、
10無理に引っ張っていない、ミートだけ、ジャストミートで、130Mも飛ぶんです。

ーーーーーーーーーーー


大谷翔平が、
打点をあげた試合はみんな勝ち、勝利数が増えて、順位は2位になった。


島嶼、トラウトは、近年中に、移籍の噂が絶えなかった、
大谷が、怪我の治療中、リハビリの間にも、

その移籍はあるのだろうと思われていた。

ところが、
今年、12年複数年契約ー469億円という数字で、契約し直した。
割り算をすると、、
一年分は、39億円である。

目ん玉が飛び出る。
(でも、
これ以上の数字を出す球団もいた。)

トラウトは、
それだけ価値が高いアメリカ最高の選手と言われている。
トラウトは、2012年新人王である。
大谷翔平は、6年後の2018年新人王である。


トラウトは、エンゼルスに、なぜ留まったか?
トラウトは、大谷翔平が本当に好きなのであり、リスペクトしている。
そして、
トラウトは、大谷翔平が二刀流を目の前で、やってみせた、、ベーブルース以来、だれもやれなかったことを、
実現し具現化した姿を見て、驚愕した。

天才トラウトにとっては、また、新種の天才・モンスターを見たことだろう、
だから、

同じチームにいて、エンゼルスを優勝させたいと本気で思っている。


ワクワクする夢である、
でもでも、夢を実現させる兵(つわもの)が、何人もいるものだ。