FC2ブログ
2019/05/25

原監督と岡本和真の猛反省を促す。




5月25日(土曜日)14時〜


広島ー巨人戦
ジャクソン(左) ーメルセデス(左)

🔶広島好投手左腕のジャクソン攻略は、
ずばり、イライラさせることだ。

つまり、じっくり粘って多投させる、
打撃ボックスの自らの動きを多くさせる。
バントモーションや、待ってのタイミングずらしを恥じも外聞もなくやること。

すると、
自分の自信があるコースがストライクに採ってもらわないと、眉間にシワがより始める。特にイニングのはじめに徹底してやり、徹底して揺さぶること。

そこで、センター方向、逆方向に徹底して流すこと、

原監督は、丸選手の皆見逃し三振には、口をこれ以上出さない事、好機であっても仕方がない、そpの分、丸選手は、四球をとって、出塁率ナンバーワンをとっているからだ、移籍して、巨人軍1年目では、驚異的な数字を残して貢献している。

言うなら、岡本と5番打者だ。原監督が、名指しで丸を批判していることに対して、広島の元仲間が驚いていること。
原監督が、丸佳浩の長所短所(短所は殆ど無いといって良いが)を理解しないと、丸は沈んでいくだろう。
縦横無尽のまるで、飛車角のような、雲龍奔馬の守備のチーム貢献を最大評価しないと、いけないだろう。



大事なのは、
本気の岡本再生策だ。
今のままだと、本当に潰れてしまうので、
思い切り、2軍に落とすことだ

ー臨時松井コーチを招集して、下記のポイントで、鍛え直すことだ。

①ボールが飛ばなくなった事、
②上に上がらない事、
③体重ダイエット、
④フットワーク、
⑤走り込み、
⑥ボールの裁き、送球、リズム、
⑦自信を持ち直す事、
⑧笑顔になること、
⑨コミュニュケーション能力、
10「岡本さん」呼ばわりでいいのかということ、
11高校時代、練習を嘘をついてサボっていた過去の罪、
12食生活と夫婦生活、
13坂・丸会議に参加して、首突っ込み、質疑応答すること。分からなくても訊く事。
14ノート記録を取る事、丸ノートの物真似、見せてもらう事。
15巨人軍4番打者、チームの中心となる事を、本当に自覚する事。
16坂本勇人、丸佳浩を乗り越えようとしているか、本気か。諦めてはいないか。昨年の自己記録があるから、その内に伸びてくるだろうと漠然に思っていないか。

17ヤクルト村上に比べて、遜色有り、なんとまあ情け無い、村上は一回外されて、伸びてきた。広島の鈴木誠也(24歳)もまだ若いが、物凄く練習している、年々筋トレして、身体が逞しくなっている。根塊、広島巨人戦では、同じ4番対決なら、岡本が貧弱すぎる。日ハムの清宮からも抜かれるだろう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
①二ー右、山本ー打撃に波がある。荒い引っ張りが多く、逆方向が無い、出塁率が低い、出塁率が低い、坂丸が活きて来ない。
②遊ー右、坂本ー必死でチームを引っ張って居る。でも、ランナーが居ないと、ソロホームランだけだ。勿体無い。

③中ー左、丸ーー縦横無尽な守備は抜群でみんなを助けているが、打撃は、完全な不調、淡白、元気無い、ポーカーフェイスは良いが、もっと意欲を前面に出して欲しい。クールだけでは、伝わらない。必死さを出して欲しい、

④一ー右、岡本ーA級戦犯、諸悪の根源、守備も走塁も下手、皆で甘やかして居る、覇気が無い、4番打者から一回落とそう、早出特打ちなし、自己努力が見えない、下半身使っていない、ファースト捕球はヘタだし、サードがいい、サードで下半身を鍛えろ、

⑤右ー左、亀井ーなんとか喰らい付いている、ここ一番打てない、

⑥左ー右、ゲレーロ、あいも変わらず引っ張りオンリー、力みだらけ、フェンス際守備と送球などが全く下手である。丸におんぶに抱っこで任せてる、外野手としての機能性に欠ける。


⑦三ー左、田中俊ーヒットは打つが、繋がらん、長打力が出てきたことに
自己満している。自分の役割の自覚にかける。

⑧捕ー右、小林ー強肩を磨き、バントをを決めよう。

⑨投ー左、メルセデスーバントを決めるだけでいい。