FC2ブログ
2019/05/26

セーフは、セーフ、自信(コンフィデンス)があるから。





大谷翔平
「セーフはセーフ、あれはセーフ」
塁審はアウトだったが、抗議して、ビデオ審議で、セーフ確定。
大谷翔平は、ご存知の通り、俊足で、めちゃめちゃ、足が速い。


岡本、元木コーチ
「元木コーチが行くぞと言っていたので、行きました、よけました、
あれはセーフです。」
主審はセーフだったが、広島のリクエストありの審議で、セーフ。

🔶これが広島に対しての勝越し点だった。
本当のことを言えば、岡本和真は、鈍足で、足さばきが鈍臭い、めちゃくちゃ遅いからのタッチアップストップだったはず。
センター野間からの返球が、會澤捕手左側に大きく逸れたので、滑り込んでタッチかわしてのセーフだった。
結果オーライだったはず。

🔶元木コーチの指示は、勢いで言ってるだけで、大博打だった。
それを評価する原監督は、采配ミスである。次の打者に期待した方が余計に確率がよかったはず。
フランソワに対して、阿部か中島のタイムリーを期待した方が良かったでしょう。1点か2点の可能性があったはずだ。

🔶いつも、俊足好守備の広島には、あのタッチアップの大博打は、効かないと思います。
有ったとすれば、そこのキャッチ位置での返球 対 鈍足のタッチアップは、およそ、考えられないのであった。
慌てて投げて、逸れるエラー期待でもかけてやるか、のまさに大博打です。

🔶まさに其処まで予想できたとするなら、元木コーチは、大ギャンブラーか、大馬鹿者です。曲者ですが、成功率が低いです。奇をてらってるだけです。目立ちたいだけです。
ついていけません。

ふつうのコーチは走らせません。鈴木コーチならさせません。
一か八か、かけません。
次の代打の阿部か中島のベテラン力に託した方向が正解です。

🔶博打が通用するなら、
苦労はしません。
広島の11連勝をなめたらいけません。博打はありません。
今日も、結果的には、、
連戦練磨の広島カープが、正攻法の粘りの逆方向への打撃と足で、押しきったと推察できます。



2019/05/26

トランプに、、ルーティングを壊された力士たち




国技館を席巻した“トランプ狂騒曲”は力士にも影響を与えた。

警備の関係で、
いつものように花道までペットボトル入りの水が持ち込めなかったりして、
「ルーティンを壊された」

トランプに、、、ルーティンを壊された力士たちと嘆く力士がいた。


観客たちも、
持ち物検査とか、大変だっただろう。

日本には、、、
「郷に入っては、郷に従えということわざがある。

汚い靴で土俵を汚すな。
トランプ流で、独占するな。日本を雁字搦めにするな。


2019/05/26

主導権をどうとるか、巨人広島の修羅場の決戦





巨人が、
3戦目で、ようやく勝った。
それにしても、
広島は、しぶとい、しつこい、したたか、、、、

打者が、どこからでも点数を取ってくるし、
走りまくるし、足は速いし、
バントは上手いし、逆方向バッテイングが、うまいし、
投手も、コントロールは上手いし、勝ちどころをしっているし、

何点離れても諦めないし、
恐れ入った。

今日でも、
巨人は、岡本の3ランホームランと、ゲレーロのソロホームランで、突き放そうとしたが、
同点に、
追いつかれてしまった。

やはり、
巨人の一見華やかなホームラン攻撃より、

広島の逆方向バッティングの方が、強いのである。
鈴木もバティスタも、いざここ一番となったら、逆狙いだ。

巨人は、小技や足技が出来ない。

今後も、広島こそが最大最強の敵であろう。

広島4ー5巨人


🔴1回表ー広島
①野間ー追い込まれるも粘り強く、ライト前にヒット。
②菊池ーサードゴロ。1死。
③バティスターサード強襲ヒット、下手な岡本とれず。ランナー2塁1塁。
④鈴木ー初球にいきなり死球を当てる。満塁。
⑤西川ーレフトに犠牲フライ、犠牲フライを打てる所が、広島の強いところ、先制点。
広島1ー0巨人

⑥磯村ーライトフライ、チェンジ。



🔶1回ウラー巨人
①亀井ーショートの後ろにポテンヒット。
②阪本ーフェンスギリギリの大フライ。1死。
③丸ーこれもポテンヒット。センターの前。ランナー2塁1塁。
④岡本ーレフトに逆転3ランホームランr、反省したか、腹監督の直々の指導あり、ノーステップ打法など。久々の一発。坂本の言葉が利いたか。
広島1ー3巨人

⑤大城ー打順が5番に上がった、原監督の期待。空振り三振。2死。
⑥ゲレーロー空振り三振、チェンジ。


🔴2回表ー広島

🔶2回ウラー巨人


🔴3回表ー広島
①菊池ー空振り三振、
②バティスターファーストフライ、2死。
③鈴木ーセンターへ渋くヒット。鈴木の強かなところ、盗塁成功、岡本4番打者と違う所。
④西川ーショートへの内野安打。ランナー3塁1塁。
⑤磯村ー空振り三振。チェンジ。


🔶3回ウラー巨人
①亀井ー詰まりながらも、センターへヒット。
②坂本ー差し込まれて、ショートに併殺打。2死。(解説の清水ー元巨人)が言うには、アドウワの左腕の球持ちのいい球に、みんな差し込まれている。クリンヒットは岡本の本塁打だけ)
⑥丸ー差し込まれて、ボテボテのセカンドゴロ、菊池の守備対丸の足で、丸の勝ち。
⑦岡本ー差し込まれて、センターフライ、チェンジ。


🔴4回表ー広島、
なんとか抑える。

🔶4回ウラー巨人
①大城ー高く上がって、ライトフェンス際フライ。1死。
②ゲレーローライト方向にホームラン。2試合連続。
広島1ー4巨人。

🔶基本相手投手に球威があるときには、逆方向へ打撃に解決のチャンスがある。然し乍ら、アドウワは、今後、怖い投手になる可能性がある。低めで、変化する、将来末恐ろしい。


③山本ー四球を選ぶ。
④小林ーレフト線にヒット。ランナー3塁2塁。
⑤山口ー前進守備のショート田中に飛んで、山本、本塁でアウト。この辺が広島の守りが固い所。巨人は逆に下手なところ、あと1点が取れない、
⑥亀井ーセンターに抜けないショートゴロで、チェンジ。田中はやはり上手い。


🔴5回表ー広島
🔶山口にとって、点を取ってもらった後には、抑えたいところ。今や、菅野が居ない間、エースは山口である。
①野間ー高いバウンドのゴロ、アウト、1死。
②菊池ー最高のフォークで空振り三振、2死。
③バティスターこの3番4番は、最強。痛烈、三遊間をぶち抜く当たり、岡本と坂本が、一歩も動けない。ヒットで鈴木に繋いだ。
④鈴木ー一番怖い打者は、鈴木じゃなかろうか。山口。粘って空振り三振をとる。


🔶5回ウラー巨人
①坂本ー平凡な凡打。今日はアドウワにしてやられていること、腰の疲労困憊で、強打が出ない。考えろ、坂本、力むな、逆方向しかない。
②丸ー空振り三振、こても合わない。
③岡本ー空振り三振。これも合わない。今後、巨人キラーになるやも知れない。


🔴6回表ー広島
①西川ー1.2塁間を抜くヒット。しぶとい、したたか、しつこい、
②磯村ーライト定位置フライ、1死。
③代打松山ー痛烈なライトライナー、バットの先っぽ、松山は不調。2死。
④田中広ースリーボール、四球、山口の短所。
⑤代打會澤ー恐怖の得点圏率。いつも広島を救ってきた、長打率も有り、FAの噂は巨人説もあり。グシャッという音、すわ、レフト前かと思ったら、サード岡本が獲っていた。危なかったねえ。


🔶6回ウラー巨人
(投手は、アドウワから中村左へ)
①大城ー空振り三振、最後の手打ちの空振りが、信用ならない、原監督はどこがいいと思って起用しているのだろうか⁉️
②ゲレーロー凡打、2死。
③山本ーこれも、信じられない空振り三振。チェンジ。

ーーーーーーーー
終盤ー
🔴7回ー広島
(投手は、山口からアダメスへ)
①野間ーセンター前ヒット。
②菊池ーセカンドゴロ、タイミング合わず、併殺打ならず。1死。
③バティスター追い込むも、決め切れず。フルカウント、センターへ抜ける、菊池2塁蹴って3塁へ。広島野球、
④鈴木ー狙いすまして、ライトへヒットタイムリー、1死ランナー2塁1塁。
広島2ー4巨人

(🔶やはり、救援陣がオンボロボロ。投手をアメダスから、刀根へ。阪神の勝ちの報告ありで、現時点で、巨人とのゲーム差無し。)
⑤西川ー左の西川に左の刀根が、死球、オーマイガッツ、1死満塁。
(再び、投手を刀根から、田原へ、打者は代打長野)

⑥代打長野ー1死満塁、2点差。山場中の山場、
セカンドの頭上を抜いて、右方向へ、タイムリーヒット、ランナーはバティスタ鈴木と2人返って同点。
広島4ー4巨人、

んまああー、
よく打たれる、巨人、
よく打ち返す、広島、追い付く力、ひっくり返す力…連覇してきた底力、
広島に対して、
セーフティリードはない。

🔶これは、
巨人は、対広島3タテ3連敗になってきた。

⑦小窪ー三振。
⑧田中広ー四球となる。再び、満塁。
⑨會澤ー左中間に大飛球、ゲレーロ、なんとか、「獲ったああー、ファインプレー」と、アナウンサーは叫んだが、イージーフライだろう。ゲレーロは、スタートと足が遅く、守備範囲が狭すぎる。
もし、抜けていたら、3点タイムリーで、勝負は決まっていたでしょう。


🔶8回ウラー巨人
①岡本ー三遊間を抜くヒット。
②大城ー見事送りバントを決める。1死ランナー2塁。
③ゲレーロー申告敬遠で、四球。ランナー2塁1塁。
④山本ー12塁間を抜くヒット、1死満塁。
⑤重信ー浅いセンターフライになり、鈍足岡本は、元木コーチの命令で、タッチアップ、ボールも外れて、セーフ。リクエスト審議もありながら、改めて、セーフ。

広島4ー5巨人。
⑥中島ー空振り三振。


🔴9回表ー広島
投手は中川
①鈴木ーしぶとく、したたかに、センター前にヒット。
②西川ー見事に送りバントを決める。1死ランナー2塁。
③坂倉ーレフトフライ。2死。
④小窪ー1塁頭上を抜くヒット。2死ランナー3塁1塁。
⑤田中広ー粘るも、ショートゴロ、巨人坂本丁寧に捌いて、2塁へトス。ゲームセット。巨人、なんとか、1点差を逃げ切る。
2019/05/26

「みんなプロだから自分で考えて」、〜坂本勇人のホームランだけでは、広島に歯がたたない



「広島が、10連休の前から、鯉のぼりになって、引っくり返す。」
という、予言が当たってしまった。


広島11連勝に対して、、巨人連敗

広島ー巨人戦

アドウワ誠(右)ー山口(右)

巨人坂本勇人内野手(30)がチームメートへ奮起を促した。

🔶🔶 4点差の8回ウラ1死二塁、
広島レグナルトの146キロを完璧に捉え、
左翼席中段へリーグトップとなる16号2ランホームランを運んだ。レグナルトは、今季、19試合連続無失点中だった。

だが反撃は、及ばず広島相手に、引き分けを挟んで5連敗。
広島は11連勝、まさしく鯉の滝登り中、
巨人は連敗。
坂本勇人の、2戦連発も空砲に終わった。

試合後には、神妙な表情で取材に応じ、
「選手ひとりひとりがどうしたらいいのかを考えながらやるしかない」
と思いを吐露した。
続けて、
「チームとして戦いますけどバッターは打席に立てば、1対1、ピッチャーもマウンドに立てば1対1。
どうしたらやり返せるかを、
みんなプロなので考えてやらないと」

と言葉を選んだ。

原辰徳監督が、丸の名前を出して、見逃し三振にたいしての愚痴を、
広島ナインが怒ったという。そうだろうと思う。


でも、
今夜の檄文は、下記全員に対して、注文を付けたと思われる。
丸、岡本、亀井、中島、陽岱鋼、ゲレーロ、ビヤヌエバ、阿部、山本、重信、田中俊、石川、立岡、増田、マルティネス、大城、小林、炭谷、北村、吉川尚、吉川大、菅野、山口、ヤングマン、メルセデス、高橋優、森福、澤村、マシソン、岩隈、野上、クック、田口、宮國、畠、櫻井、田原、中川、今村、吉川光、刀根、高木京、坂本工、大江、アダメス、


怪我人は、
前向きに早く治せ、トレーニングせよ。食生活を大事にせよ。
2軍3軍に甘んじるな。
いつか、坂本勇人が明言した、「いつまで、2軍に居るんだ。」

飲酒、喫煙ー考えよ。覚せい剤などもってのほかだ。

プロフェッショナルー人の流儀だろ、
考えよと、キャプテン坂本勇人が言った。