FC2ブログ
2019/05/30

原監督の功罪、、、




阪神って、、強いなあ、

今年のナインは、、、 見違えるほどだ、

矢野監督が、笑顔で行こうと
支えているからだ、

もちろん、
近本も、木浪らのルーキーの活躍も、大きな評価点だが。

昨年、
誰とは言わないが、打たれた投手を、見せしめで変えなかったのは、
信じられなかった。
可能性や将来性のある投手が、今日も、2軍で好投した。


1回ウラに、
4番打者若き大山が。3ランホームランを、かっ飛ばした、、
昨夜の高山の代打満塁サヨナラホームランの影響が出たといっていい。

巨人は、
珍しく、大城が2ランホームランを返したが、

先発高橋が力投をした、
しなやかに投げる背中が、良かった時の井川に見えた。

原監督は、試合途中で、ヤングマンとゲレーロを交代した
プライドもずたずただろう。
巨人には、助っ人が居なくなる日が近づいていると感じる。


●5回ウラー阪神
不調だった糸井にも、
火の出るような、左中間をブッチギリ、追ってきたセンター丸を転がせた、
(巨人外野の守備の要である丸が、切れていく当たりを転げて取れなかったのだが、珍しいシーンだった。)
糸井は
3塁打だったー
4番大山が、センター前に、タイムリーヒット、打点全部が大山。


●7回ウラー阪神
近本が、また、センター左中間に3塁打。丸をあざ笑うかのように。この恐るべきルーキーは、逆方向への長打もある。身体は小さいが、恐ろしいほどのポテンシャルが高い。虎のレジェンド赤星を抜く日は近い。
糸原が、レフトファウルフライで、犠牲フライになった。この追加点が大きかった、井上のボディブロー1発KOのパンチだった。


巨人2ー5阪神、
になった。

悲しいことに 、この3点差を、ひっくり返すことが出来ない。

ドリスに抑えられた。
負け、、、

この連敗は大きい。

原監督は、
4番の差(岡本と大山の差である)という一般論に、逃げたが、

ホームランばかりで勝つ傾向のある巨人打線は、
阪神でいう近本ー糸原や、
広島でいう野間ー菊池ーバティスター鈴木ー西川

のようなマシンガン打線に、生まれ変わらないと、

追加点が上げられないうちに、
中継ぎが打たれてしまう羽目に陥る。
そうでないと、打撃のトップに君臨している
坂本勇人ー丸佳浩の、二人が孤立することになる。
🔶典型的なシーンは、
丸の空振り三振で、坂本2塁で盗塁死での、ダブルプレイで、捕手の梅野がガッツポーズをした瞬間だった。


時間がかかると思うが、巨人は、あらためて、若手を育てて欲しいと思う。良い素材はいっぱい居るはずだから。