FC2ブログ
2019/06/01

池江璃花子は、日に日に良くなっている、、驚異的な回復力だ





池江璃花子は、コーチの三木二郎氏によると、


日に日に良くなっている、

3週間も前ぐらいから、
病室に持ち込んだトレーニングを始めた。

やったりやらなかったり、

医師の指示に従ったリハビリもしている。



驚異的な回復だろうと思える。

私の知り合いは、同じ急性骨髄性白血病であったが、

数年かかった。

よく聴く従来の骨髄移植ではなく、

新しい医療の、
「幹細胞移植手術」を受けて、完治していった。


患者の数ほど、治療法や回復具合が違うと思うが、

若さと、
気力と、
体力とで、
乗り切れると感じる、


世界でメダルを取るかもしれないというアスリートの、「奇跡を必然にしてしまうほど」のパワーに期待したい。
2019/06/01

ビヤヌエバ満塁同点バックスクリーンホームラン&阿部勝ち越しライト最上段ソロホームラン400号記念号、最後は坂本のサヨナラタイムリー。






なんで、宇佐美やねん、、


打者を2人、ポンポンととったら、大島を四球で出す、、

なんの牽制もない、宇佐美からの指示もない、
初球から、大島走る、

宇佐美慌ててとって、投げ方が草野球。
送球は、山本の右に逸れて、センターへ。

ランナー大島は、楽々3塁へ。

一転、一球で、ピンチ、


間が合わず、ビシエド外す、、

宇佐美からのサインが遅い、メルセデスと会わず、、、次の一球、


ビシエドは、思い切ってフルスイング、右方向に行って、ライトスタンドイン、2ランホームラン。

なんじゃ、こりゃあー宇佐美の責任だ。

なんで、宇佐美かあ、今からでもいいから、
小林に替えろ。

原監督は、何を試しているのか、分からない。
何かについて意固地であり、
何かについて、ルーズである。

🔵2回表ー中日
①松井ー四球、
②モヤーレフトにヒット、ランナー2塁1塁。
③桂ーファーストゴロから、2塁に送球でアウト。

(さっきから、よくボールをこぼすよね。)
④清水ー見事、送りバント???2塁に送るだけ?ランナー3塁2塁。2死。
⑤阿部ー12塁間かるうく抜くヒット、タイムリー、2人還って、追加点2点、
中日4ー0巨人

⑥京田ー四球を選ぶ、
(投手メルセデスを、宮國に交代。最短交代、宇佐美の責任だと思う、交代なら宇佐美を変えろ。)
メルセデスは、ベンチでぶすくれていた、
⑦大島ー見逃し三振。チェンジ。


🔶2回ウラー巨人
🔶ーいきなり4点差は大きいね。
①岡本ー「バットがトップの位置にあるとき後ろに行き過ぎると、内角が窮屈になるという、」明快な元中日
立浪解説。センター前に抜けるゴロヒット。
②大城ー四球。ノーアウト、ランナー2塁1塁。
③ゲレーローたよんなあいサードゴロ併殺、やる気あんのか⁉️
④山本ー四球、選ぶのは悪くはないが、あマイボールを右に打てばいいじゃない。
⑤宇佐美ー取り返すチャンスだけど、気の無いぼてぼてのファーストゴロ、宇佐美も交代させてください。チェンジ。

🌳ヤクルトー15連敗中→小川監督は、監督辞めろーの罵詈雑言。
🔶巨人ー3連敗中。→原監督、色々なんやかんやと選手のせいにするのが上手。2軍送りの降格昇格エレベーターボーイ、

🔶監督になって欲しい人、
落合、川合、江川、桑田、阿部、上原、


🔶3回ウラー巨人
(吉村コーチ中心に、円陣を組む、ブルブル。)
①若林ーレフトフライ、
②亀井ーセンターフライ、
③坂本ーサードゴロ凡打、三者凡退。チェンジ。中日清水投手が落ち着いてきた。まだ、2年目19歳よ。甲子園優勝投手よ。ふうん、そうねえ。


🔵4回表ー中日
清水達也投手、右の方向に強く打って、2塁1塁間抜いてヒット。


🔶4回ウラー巨人
(クリンアップの回と言われたが、、、)
①丸ーセンターに抜けそうな当たり、京田の送球ワンバウンドエラー。1塁がとるべきだよ。
②岡本ー立浪解説、盛んにバックスイングの欠点を言う。ショートに併殺打。2死。
③大城ー簡単に見逃し三振、チェンジ。ここまで、岡本の1安打ピッチングされている。併殺打を多く提供しているー完封負けの暗雲が立ち込めてきた。


🔵5回表ー中日
大島、ライトフライ、ビシエドセカンドゴロ、高橋空振三振。
高木京介が、三者凡退に短く斬ってとった、こういう次はチャンスがくるはずだ。


🔶5回ウラー巨人
①ゲレーローショートゴロ、簡単に打って、頼りにならんなあ。
②山本ー三振。
③宇佐美ー逆方向、レフト前にヒット。
④高木→代打阿部ー立浪氏は、早いと言った。でも、打開する人が居ない、結局、阿部四球。ランナー2塁1塁。
⑤亀井ー3ボール、外角低めで1ストライク、内角低めボール、四球。満塁。
⑥坂本ーレフトに大飛球、すわ、本塁打と思わせて、平凡なレフトフライ、チェンジ。清水投手は恐るべき投手かもしれない。誰も彼も矢のようなクリーンヒットが打てない、真芯を外している。今日も負けで、4連敗かな。


🌳ヤクルトは、負けていて、ヤ0ー5、5回ウラ、
🔴広島は、勝っている。阪0ー2広、6回表。


🔵6回表ー中日
🔶巨人守備交代、サードービヤヌエバ、岡本→レフト、大城→キャッチャー、阿部→ファースト、

ビヤヌエバが、サード後方にダイビングキャッチのメジャー級のファインプレー。


🔶6回ウラー巨人
投手が替わった、清水→小熊
①丸ーセカンド頭上を抜けるヒット。
②岡本ー頭をひねる仕草が多い。四球を選ぶ。ノーアウト2塁1塁。
③大城ー右中間に詰まったあたり、ライト前ヒット。満塁。
(投手交代→田島
④ビヤヌエバー初球だった、外角低めストレートを振り切った左腕を高々と舞い上げた。(ビヤヌエバは、ローボールヒッターだ、失投。)代打バックスクリーン満塁同点ホームラン。先ほどの、超ファインプレイのあと、身体が集中していた。登録抹消の不満が、充満していたのだろう。
中日4ー4巨人

⑤山本ーショートゴロ、
⑥鍬原ー空振り三振、
その興奮冷めやらぬ東京ドームの中、
⑦阿部ーこれも、初球だった、真ん中低め直球142キロを、ライト上段に
勝ち越し逆転ホームラン・通算400記念号をぶち上中日清水投手が、ベンチで、口を開けて見ていた。ドームの巨人ファンは、久々に阿部の大砲を観た。ショータイムである。
中日4ー5巨人。

🔵7回表ー中日
巨人鍬原が、150キロで抑えた。


🔶7回ウラー巨人
①坂本ーレフトフライ、
②丸ー空振り三振
③岡本ーライトフライ。


🔵8回表ー中日
投手は澤村ーまだ不安だらけ、わずか1点差。
①大島ーライトへヒット。
②ビシエドーライトフライ、
③高橋ーレフトへのヒットで、1死ランナー3塁1塁。岡本のレフトは足が遅い。判断、スタート、足、が遅し。あれはとれたぞー。また、ひっくり返されたら、巨人は再逆転出来ないチーム。
④代打堂上ーぎりぎりの併殺打で、0で切り抜けた。


🔶8回ウラー巨人
投手は、福。左
🔶追加点が欲しいなあ。1点差では勝ち切れない投手陣だろう、巨人打線はもっと燃えないと。阿部の
ホームランで勝ち試合に絶対にするべきだという動きがみえない。)
①大城ー空振り三振。
②ビヤヌエバーショートフライ。
③山本ー見逃し三振。チェンジ。淡白だなあ、歯食いしばっていない、早出特打してるのか⁇慶應ボーイ。

(🌳ヤクルトの16連敗決定の情報)

🔵9回表ー中日
(巨人投手は中川、)
①ライトオーバーヒット。
②送りバント、
③遠藤ーバントの構え、何とパスボールで、1点で同点。捕手は小林。小林の出番が減っているから、ミスが増える、原監督の責任。
中日5ー5巨人。

遠藤詰まり気味に、センター前ヒット。1死ランナー1塁。
④ー併殺打。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

🔶9回ウラー巨人
(投手はロドリゲス、ボールが速い、球威あり、速いプラス動く)
①重信ー絶対出塁しなはれ、空振り三振。
②小林ーフライ凡打、打てない。2死。
③亀井ー3ボールから、四球。
④坂本ー坂本はこの日、珍しくノーヒットだった。周囲が坂本に集中している間、亀井が盗塁成功で、2死ランナー2塁。ここで状勢が変わる、バックホーム体制で、外野は前進して、外野の後ろを抜ける可能性が出てきた。
坂本は2-2から、ど真ん中シュート148キロをライトフェンス付近に叩きつけた、中日のライトは必死に追いかけた、後2Mだった、がっかりして倒れ込んだ。投げ返す気力が無くなっていた。本当は奇跡を信じて、バックホームしないといけない、亀井が転ぶか、いつ、アキレス切るかわからない。でも、現実は亀井は走り込んでサヨナラのホームインをした。
サヨナラタイムリーの坂本キャプテンは巨人ナインから、水攻めにあった。

中日5ー6x
ー巨人


🔶お立ち台は、
坂本勇人と、阿部慎之助だった。
坂本は、亀井の盗塁に感謝してる、外野が前進していたことで、サヨナラになったことを言った。
阿部は、長い道のりを振り返っていた。いつも大事なところで使ってくれた、原監督、長島監督に感謝を述べた。

両人共、目に光るものがあった。

お立ち台に、ビヤヌエバも上げれば、もっと良かった、
普通、ホームチームは3名ぐらいあげるはずだ。
2軍に降格して、あがってきていた、メジャーばりの、誇りと意地の
、ファインプレーと、満塁同点バックスクリーンホームランだった。
ビヤヌエバの一発が無ければ、おそらく、巨人は負けていたし、阿部も坂本も無かった。
中日清水の勝ちだったろうし、早く替えすぎだろうと、中日ファンは言うだろう、替わってから、巨人はいきなり打ち始めたのだから。また、ビヤヌエバに満塁同点本塁打を打たれたあと、田島をなぜ替えなかったのだろうかと思う。連続で阿部に勝ち越しを打たれてしまった。
中日与田監督も、妙に意固地なのではないだろうか。



🔶明日の先発は

中日ー巨人
ロメロー山口

です。
菅野は、先送りですね。
2019/06/01

大谷、、久々、豪快3号、左翼席





翔タイム、、、トラウトに続き、、連続弾


久々に、、豪快3号、、、左翼席


最高到達点15M、、飛距離110M、、、超低空弾、、


ど真ん中失投、、ライナーそのまま、ホームラン
2019/06/01

阿部中心で、きょうは、最初から、円陣組んで行こう。





中日ー巨人戦
清水(右)ーメルセデス


一番固定で、しばらく使っていた亀井というベテラン。
やはり、年齢もあり酷使するわけにはいかないだろう。吉川尚以外の 若手の1番になってほしいのだが、
先ずは、重信だろう。


予想打順
ーーーーーー
①右ー左、重信
ー上記の結果、重信を買う、出塁率、気力、度胸、俊足、打撃力を尊重したい、初球攻撃の積極さは良しとして淡白にならずに粘る強く、セーフティバントでも出て欲しい。要は、強力な後ろに繋げて欲しい。

②遊ー右、坂本
ー猛打賞の結果、牽引は続いている。主将の疲労は考えらえないだろうか。つまり、副主将を岡本にする策をして、坂本の重荷を少しは軽くして、岡本の自覚をもっと太くする。「坂ー丸会議のつびやき講習会を開催してほしい。

③中ー左、丸
ー走攻守は、やはり一番安定している。jポーカーフェイスでのブレの無さが、巨人には無かったメンバー。今後、「選球眼教室」ボールの見切り方を、若手ナインにつたえてほしい。

④三ー右、岡本
ーまだ、安定感がない、72センチの太腿のパワーが、上半身に伝わっていない。振り込み練習が不足だろう、走り込み不足もそうだろう。チャンスの時に、四球で歩き当たっている大城に、回すより、4番の自分の打撃で決めてほしい。それでこそ、岡本4番だろうし、そうじゃなかったら、大城4番か、丸4番になるだろう、プライドがあるのなら、もっと努力してほしい。

⑤一ー左、大城
ー昨夜も連続本塁打やタイムリーをしたように、活躍できているが、ヤンキースのクラッチヒッターと呼ばれた松井秀喜みたいに、試合を決めるかひっくり返す打撃力をつけてほしい。

⑥左ー右、ゲレーロ
ーセンター返しは、うまくなってきているし、右にも十分ホームランを打てる、ただ、ソロでなく、タイムリー打で盛り上げて欲しい、、守備は、判断の速さと一歩目のスタートが遅い、ギリギリキャッチになる。肩が弱いのは、致命的欠陥だろう。

⑦二ー左 田中俊
ー波がある、右左関係なく山本とどちらを選ぶかと言うと、どんぐりの背比べだ。例えば、他球団だがー阪神の近本のように、どちらも打てる、長打力もある、足も俊足、盗塁、明るい、影響力あり、などもっと明確な実力を示してほしい。

⑧捕ー右、小林
ー本当の日本一の捕手になってほしい、やはり、徹底した強肩で、盗塁で刺しまくってほしい、インサイドワークは野村氏に師事しよう。バントは徹底的に確実に、ナインに強い大きな声で締めるような溌剌ぶりが必要だ。

⑨投ー左 、メルセデス
ー自信を持って、キャッチャーを信じて、落ち着いて テンポを早めに。バントは確実に。身体が大きいから、筋トレ体幹を、強く、軸がぶれないように。走り込みも大事だ。


🔶🔶🔶
先日は、阿部中心で、円陣を組んで、良い結果がおきたが、
毎試合、やらんと、
転落3位で、首位広島は逃げていくし、来週火曜日から、交流戦が始まる。

パリーグのセリーグを舐めた態度をぶちかまして欲しい。
交流戦、がんがん巨人打線が最強打線に頑張って、優勝して、いつの間にか、広島を追い越していたと言う結果を期待したい。