FC2ブログ
2019/06/07

若武者若林同点2ランで、風を変える、逆転につなぐ



巨人打線が、元に戻る。

①左ー左、亀井
②遊ー右、坂本ー今年は坂本恐怖の2番が収まりが良いのかも。
③中ー左、丸ー
④一一右、岡本ー4番は未だ不安あり、
⑤捕ー左、大城ー捕手で肩が弱いよね。
⑥三ー右、ビヤヌエバー安定した打撃が無いなあ、
⑦右ー右、陽岱鋼ー時々打つ、
⑧二ー左、若林ー威勢のいい若者が出てきた、パンチがある。
⑨投ー左、メルセデスー四球が多い、走塁悪い、落ち着いていない、

ーーーーーーーーーーー

●3回表ーロッテ
①二木ー四球。
②荻野ーレフトへのヒット。ランナー2塁1塁。
③鈴木ーセンター前にヒット、満塁。
④清田ー満塁から押し出し四球を選ぶ。1点先制。
ロッテ1ー0巨人

⑤レアードー初球を三遊間抜く。2点目。
ロッテ2ー0巨人


🔶4回ウラー巨人
③陽岱鋼ーライトへのヒット。2死ランナー1塁。
④若林ーカウント2ー0から、巻き込むように、バット一閃。ライトスタンドに同点2ランホームラン。これで、空気が変わる。
楽天2ー2巨人


🔶5回ウラー巨人
①亀井ー見逃し三振。
②坂本ー見逃し三振。
③丸ーフェンス直撃の2塁打。
④岡本、レフトへの勝ち越しタイムリーヒット、丸が走り込んで勝ち越し点。
ロッテ2ー3巨人

⑤大城ー外角低めを何とか当てて、レフト前のタイムリーヒット。岡本走る。
ロッテ2ー4巨人
(2点差だけでは危ない)

⑥ビヤヌエバーセンターフライで、チェンジ。

巨人投手、6回に宮國、7回に田原と交代していくが、不安だらけ。

🔶巨人レフト亀井の見事な、
バックホームの、レーザービームは、光った。亀井も元ピッチャーだという。

●8回表ーロッテ
(投手ーマシソン、大きく振りかぶって真っ向から投げ下ろす。)
① ー挨拶がわりの三球三振。
②三木ーレフト前へのヒット。
③吉田ーショートゴロ、6-4-3の併殺打。チェンジ。

(審判団協議、何のことかわからない。)
交代の状況が分からない、審判団の説明も無く、丁寧でない。

🔶8回ウラー巨人
①岡本ー低めのボールの空振り見極めを桑田氏が再三再四指摘。詰まったヒット、ライト前ヒット。
②代打重信ー代走、岡本に増田、結局、バント。送球高くなり、セーフ。無死ランナー2塁1塁。
(投手交代、チェン→西野)
③ビヤヌエバー高いレフトの詰まったフライ。1死。
④陽岱鋼ーダブルスチール仕掛けて、三振と2塁でアウト。チェンジ。


●9回表ーロッテ
(投手は、中川)
①リーー三球三振。お見事。
②荻野ー左中間に大きな当たり、送球の隙を突いて、三塁打になる。1死ランナー3塁。
③鈴木ーレフトへおおきなフライ、犠牲フライになる。反撃の1点。
( 桑田氏は言う、点数を取られるのがいけないのではなく、勝負が終わった時に、1点を上回っていればいい。)
ロッテ3ー4巨人

④清田ー追い込んだ、清田粘る、ファウルカット。空振り三振。

ロッテ3ー4巨人

🔶メルセデスは、久しぶりの勝利だった。

🔶お立ち台は、2人だった。
若林のプロ初の同点2ランホームランで、逆転の空気を変えた。難しいボールを身体に巻きつけるようにして打ってくれた。

マシソン、「ウエルカムバック」と、アナウンサーが声かけた。
東京ドーム334ぶりの登板、362日ぶりのホールドだった。
故障だけでなく、感染症からの、生還だった。


ーーーーーーーーーーーーー
明日の先発は、
ロッテー巨人
土肥星也(左)ー山口俊(右)
ーーーーーーーーーーーー

①二ー両、若林ー今日の威勢が良い大活躍はすばらしかった。
②遊ー右、坂本ー今年は坂本恐怖の2番が収まりが良いのかも。でも不調気味。
③中ー左、丸ー今日のセンターフェンス直撃は殆どホームラン性でした。
④一一右、岡本ー4番は未だ不安あり、タイムリーを積み重ねていけば良い。
⑤捕ー左、大城ー捕手で肩が弱いよね。打撃は買われてるが、捕手1塁の要素は練習してほしい。
⑥三ー右、ビヤヌエバー対左腕用1センター返しでいいから、
⑦左ー右、ゲレーロー対左腕用2センター返しでいいから、
⑧右ー右、陽岱鋼ー対左腕用3センター返しでいいから、
⑨投ー左、山口俊ー四球が多い、落ち着きが無い。

🔶ひょっとしたら、
大城捕手不安から、小林捕手、大城1塁、岡本左翼、の守備体制で行くかも。