FC2ブログ
2019/06/20

原監督の、子どものようなバンザイ丸ポーズに、ドーム爆笑、丸もビックリ‼️





レベルの高い投手戦だった。

オリックスは、8安打の散発で、、2点、
巨人はわずか、4安打に抑え込まれていたーしかし、4点。
2ー4で、見事に、逆転勝ちした。

その、4安打のうち、
丸が2安打〜一つは同点2ラン、二つ目は勝ち越し2点タイムリースリーベースだった。
つまり、全打点を、丸があげたのである。山本が1安打、重信が1安打であった。

これが、
丸の土壇場の実力なのである、2年連続MVPの打撃である。

オリックス 対 巨人
K鈴木(右)ー桜井(右)

豪速球 対 豪速球の、決戦になった。
宮本武蔵 対 佐々木小次郎みたいなものである。

オリの、K鈴木のKは、「奪三振」の意味だという、

ふてぶてしいその豪語の通り、、
巨人打線が打っても打っても、大飛球は、壁の前で失速した。

だから、
先制点は、
🔵5回表ーオリックス

ランナーをためて、2点タイムリーを打って、
オリックス2ー0巨人、

巨人は明らかに劣勢になった。
ノーヒットだったからだ、、、

🔶6回ウラー巨人の攻撃になりー
原監督は、勝負の切り札を切った、好投の桜井に代打を出した。

①代打山本が、フルカウントから、投手の足元を抜いてセンター返しで、素直に打ち返した。
②そして、亀井ショートフライ、1死ランナー1塁。
③次に、外角スライダー空振り三振で、坂本が倒れたあと、2死ランナー1塁。

④丸の出番になる。

丸は、前の打席、ライトに引っ張って、手応えはあったのだろう、ゆっくりと歩き出したが、壁を超えなかった。

ーこの打席、
2球目ー145kmストレート外角高めを、
解説者中畑氏曰く、
「引っ張るのではなく、この方法でしか、打てないのである。
上から叩くようにして、打ち返した、打ち込んだ、打ち抜いた、スピンを利かして、叩き込んだ。」
だから、
ボールは、レフトポールギリギリに、切れずに真っ直ぐに飛んで、スタンドに突き刺さった、

ー起死回生の同点2ランホームランになった。
これで、空気が変わった。

オリックス2ー2巨人

そして、
🔶8回ウラー巨人の攻撃
、また、ドラマが待っていた。
①炭谷ー空振り三振で1死。
②代打陽岱鋼ー期待されたが、空振り三振で2死。
③亀井ー四球を選ぶ、2死ランナー1塁、
④坂本ー狙っていたが打ち損ないで絶不調である、四球を選ぶ、2死ランナー2塁1塁、(この2人目が結果的には大事になった、1点差だと、粘りのオリックスに追いつかれてしまう危険性があった。)

オリ投手K鈴木に代わってリリーフ近藤、(中畑氏曰く、交代せずに、丸にやり返して来いと言う風に言うと思いますと、期待を寄せた。悔しい交代。)

⑤丸ー3球目、
0-2から真ん中高め149kmストレートの高め吊り球を、今度は、思い切り引っ張った、
ライトフェンス上部直撃で、
ランナー亀井がかえり、坂本が滑り込みでかえり、走者一掃2点勝ち越しタイムリースリーベースになった。
オリックス2ー4巨人

⑥岡本ー情け無い空振り三振。
(此処で、1発駄目押し2ランホームランを期待したのは、私だけじゃ無かろうが、いまだ、岡本四番には、期待はするが、あてには出来ない。)

🔵9回表ーオリックス
クローザー中川が、抑え切り、2本ヒットを打たれたが、ダブルプレイで、逃げ切った。ゲームセット。


(お立ち台は)
当然、丸だった。
丸のここぞという集中力だった。丸の土壇場での高等技術だった。
「難しい苦しい試合だったけど、頑張れた。レフトへの同点ホームランは、きれそうかと思ったけど、僕の日頃の行いが良かったということで、切れずに済んだ、ありがとうございます、8回も、亀さんと隼人さんが出てくれたので、かえそうと思って、頑張って打てました。明日からのソフトバンク戦一戦必勝という決意で頑張っていきます。」

(🔶対●ソフトバンク戦については、🔴広島の時から、因縁がある宿敵なので、集中したいという気持ちがこもっていた。ソフトバンクの甲斐捕手の強肩に対しては、巨人の盗塁忍者部隊が、挑戦したい。

巨人軍が、
数十億円をかけて移籍の淵から、とった、

高い走攻守の宝物のような打者であった証明が、今日、お披露目できた。

丸が同点ホームランを打ったとき、
原監督が、破顔一笑、子どものような顔をして、、、大きな丸ポーズで、ばんざあいをしていた。

丸は、
びっくりして、笑っていた。
何から、何まで、丸デイだった。


ーーーーーーーーーーーー

🔶広島は、サヨナラ勝ちをしていた。
ソフトバンクも、1点差勝ちをしていた。おp

明日から、宿敵ソフトバンク3連戦であるー

ソフトバンクー巨人………東京ドーム
千賀(右)ーメルセデス(左)

巨人は、
金曜日ーメルセデス、
土曜日ー山口、
日曜日ー菅野
の登板だろう。秋を睨んで、思い切って、3連勝と行きたい。
2019/06/20

窮鼠猫を噛むー容疑者逃走を、3時間も黙っていた検察と警察、。



窮鼠猫を噛むー
何をするか分からない。

包丁を持った
容疑者が、逃走したーー逮捕確保できなかった、検察と警察は、

このことを、
3時間も、4時間半も、通報や公開が出来なかった。

直ぐ近くに、小学校もあるのに、


「できなかった」
というよりは、「しなかった」

世間からの批判が怖くて、
その事実の隠蔽をして、、、

捕まえるのを先行させたーー


未だに逃亡し続けている、
その逃亡の車両と、Tシャツが発見された。
2019/06/20

過去のなでしこは、もう居ない、、、




なでしこジャパン 0 対 2イングランド

またも、呆れた、、


点数がとれないなでしこ、全くもってとれない、


日本は長い間、パスサッカーの権化みたいに言われて来たが、

それはもう返上しよう、
パスが下手だ、
パスが繋がらない、

シュートにつながるパスが産まれてこない、
点数につながるパスが、まったく通らない。

技術、
体力、
走力、
攻撃的想像力、
防御的想像力、

が、
イングランドと決定的に違う、劣っている。

前半の初めに、チャンスを掴んだのは、日本だったが、シュートの精度が甚だ、劣っていた。

その後、
前半立ち上がりにイングランドのスルーパス1本で、入れられた、
それだけでなく、続けて、イングランドのシュートが、マシンガンや大砲のように炸裂した。

特筆すべきは、
ジャパンのゴールキーパーの神がかり的な、セーブ力だ、
彼女じゃなかったら、
数点は入っていただろう。


日本のシュートは、もう素人の小学生並みの下手さだった。
足のインステップやインサイドに、きちんとかかっていない、
威力がない、
パスも、全然通らない、
すぐに倒れる、体幹が弱い、

岩渕も、菅沢も、中島も、、横田も、、シュートやパスが、ふらふらふらふらしていた。

澤や宮間や近賀や永里や大野や川澄や岩清水などの、力強いシュート力や、天才的な技巧や、その精度は、もう消えてしまった、
今は全くもって、無い。

あれでは、世界の舞台では、勝負出来ない、

今回、、なでしこは、
決勝トーナメントに進むことができるが、

他国とは、圧倒的な実力差がある。

過去の金メダルや銀メダルは、もう遠い過去のものだ。


新しい出直しをしないと、
技術差、体力差は、開きっぱなしである。