FC2ブログ
2019/06/29

紀平梨花ー4回転成功‼️




紀平梨花、4回転成功⁉️


失敗率よりーー成功率上げんと。

ロシアの次世代少女たちが、虎視眈眈と狙っている。


優勝するには、
金メダルをとるには、パーフェクトに、やらんと。
2019/06/29

巨人は、丸ポーズ頼みしかないんかい。



丸ポーズを、期待しよう。



打順については、私の考えと、原辰徳監督のそれとは違う。
原さんは、
あくまでも、坂本、岡本、亀井を使い捨てる気だ、、

復帰した菅野は、
交流戦最終戦に最短KOされて、、「重症だ」という噂が、まことしやかに流れている。

菅野と、坂本を大事にしてやった方がいいと思う。

あきたこまちスタジアムは、台風と雨のせいで、30分遅れでやっと始まった。
相変わらず、ベテラン石川に手こずっている感じだ。
ベテラン左腕に対しては、
この石川、SBの和田に、手こずっている、
巨人に策はあるのか???
あるなら、1回の表から見えるはずだが、見えてこない。


投手 位置 選手名 投 防御率
先発 (投) 山口 俊 右 2.16

打順 位置 選手名 打 打率 最近の打率
1 (左) 亀井 善行 左 .275 .118
2 (遊) 坂本 勇人 右 .300 .111
3 (中) 丸 佳浩 左 .310 .409
4 (一) 岡本 和真 右 .255 .167
5 (右) 陽 岱鋼 右 .302 .000
6 (二) 若林 晃弘 両 .327 .118
7 (三) ビヤヌエバ 右 .217 .000
8 (捕) 小林 誠司 右 .268 .250
9 (投) 山口 俊 右 .000 .000
※最近の打率とは、最近5試合の打率です


ーーーーーーーー
試合経過はー

🔶4回表ー巨人

坂本ー山田のエラーで、出塁。
丸ーー軽うくセンター前ヒット、
岡本ーライトに大きなフライ、坂本タッチアップで3塁。

陽岱鋼ー4球目、丸が2塁盗塁成功、これで、守備陣が前進して、陽岱鋼の打球が抜けやすくなった。ひさびさの5番バッター、いつも淡白だが、粘って、難しい球を、身体くねらせて右方向に打って、2塁横を抜いた。これで、2点タイムリーヒット先制点
巨人2ー0ヤクルト



🔶7回表ー巨人
(投手が石川→梅野)
若林ーレフトに2塁打。
ビヤヌエバ→代打阿部ーキャッチャーフライ
小林ーファウルフライ、
山口ー粘って粘って、四球選ぶ、ランナー2塁1塁。
亀井ーワイルドピッチによる振り逃げ、オールセーフ、満塁。
坂本ー3-1から、押し出し四球選ぶ。
巨人3ー0ヤクルト

丸ー山田セカンドの後逸による2点追加。
巨人5ー0ヤクルト

⚫️5点差がついた。


🔶9回表ー巨人

坂本ー完全なスランプ続きの、主将坂本が反撃の狼煙を上げた。7球目ー真ん中高め141kmストレートを、右方向に強打し、ソロホームランをぶちあげた。打球はぐんぐん伸びて、ライトスタンドインした。
巨人6ー0ヤクルト


🔵9回ウラーヤクルト
(投手は高木京介)
村上ー詰まりながらも、ライトへのヒット。
中山ーレフトスタンドへの2ランホームラン。
巨人6ー2ヤクルト

中村ーレフトへのヒット。
荒木ー見逃し三振。
青木ーセカンドゴロ、でゲームセット。


お立ち台は、
山口さま。
8勝目、ハーラートップタイ。防御率1.99トップ。(2点とれない)

投手戦が続くかと思えた4回、
今日の先制点の流れは、丸の盗塁から、始まった。つまり、
丸の走攻守の韋駄天ぶりだった。
丸の打率は、ベスト3位に上がってきた。

9回の表の、
坂本の待望のホームランは、本人復活のきっかけになるかも
知れない。「大きな丸」だ。

総じて言えば、今日の評価は、

「神様、仏様、丸様、山口様」、

である。

最後に大事なことは、
坂本ー丸は、連動して動いて働いていることだ。


2019/06/29

ビッグフライーオオタニサーン、、今日も、イッパツ、タノンマス




🔴アナハイムの夕焼けの空に木霊する
唸りを上げるトラウトと翔平の、打球音

今日は、二分の一クリスマスデイらしい。赤いエンゼルたちが、はしゃいでいる。


ビッグフライー、オオタニサアーン。


今日も一発、、、タノンマス

三振やられたボールを次には仕留めるーー
打席のつながりの中で、長打力が産まれています。

大谷翔平は、大変頭の良い打者です。
勿論、優れた投手でもあります。
だから、
相手投手捕手の配球具合を読み込みます。
もう少ししたら、メジャーの球審の癖も把握するようになるでしょう。


従って、
打撃技術が毎日マイニチ、進歩していると思えます。
つい、先日の最終打席のバッティングは、急に内角にきた弾を避けながら、レフト方向に打ちました。
あれ、やられたら、投手はたまりません。

走者に出たら、サニブラウン並みの俊足があります。
八村塁並みの強引なダンクシュートみたいな、また、l繊細なシュート力もあります。



そうなったら、手がつけられないモンスターになります。
可愛い顔したモンスターだから、
プレデターなんかより、怖いのです。
2019/06/29

入江は、まるで、反社だね





諸悪の根源である、

カラテカの入江何某は、、いったいどうなったんや????

200万円持ち逃げか❓
ヤルヤル詐欺か、
元締めか❓仕掛け人か❓
中国マフィアか、

世間への謝罪やコメントは、、


偉そうに、、7000枚も名刺集めていたと言っていたが、、
(何だか、、あやしいなあ、、、)と、思っていた。

入江の仕事は、こういうことだったのか。
反社と誰かを会わせて、
金の流れを作る、
その利鞘を多くせしめる。
自分は謙遜して、出会いをさも演出して、また其れを繰り返す、
(自分は芸人だが、芸がないので)

誰にも、忖度をしているようで、隙間に落ちこぼれている金を拾うスキマ産業。
卑怯な奴だ。
芸人の風上にも、風下にも置いておけねえ。


反社のお人の祝い事のために、、芸人を使うハローワークするのだったのか、

信じられない人間だね。
まるで、反社の子分だし、、反社と同じだね。


どちらも、騙している天下一流の詐欺師だね。

入江こそは、罪にならないのかね。

2019/06/29

綺羅星の如く、、挑戦する巨人




🔵 台風一過、嵐明けの九州も、雨が穿つ、、
、、、、、、、

みちのくの、金足農の秋田の空も、、どうやら、雨模様らしい。
小雨決行でもやって欲しい。
難しければ、日曜日1日でも挙行出来ればいい。
金足農も、
そのファンも、久しぶりに来る巨人戦が観たいものだ。

ーーーーーー

巨人ーヤクルト戦 (秋田)
山口俊ー石川左

秋田においての2戦となる組み合わせで、ヤクルトは、巨人に強いので、
この2戦から、
オールスター戦の7/12-13までの、試合は、
後半戦に向けて、順位争い、首位攻防戦など、重要となる。
だから、新旧交代を考えて、思い切って、活用してみたい。

巨人の2軍3軍には、綺羅星の如く、ダイヤモンドの原石が眠っている。

原石は、そのままでは光らない、、、磨かないと、光らない。


(希望のスタメン)

①坂本を休ませる。後半戦のために、十分な休養や治療をさせる。精神面と身体面だ。殊勝として重荷を背負い過ぎている。一回、荷下ろしをしてもらう。坂本に復活してもらわなくては、巨人は総崩れになる。

②丸を4番にする。交流戦終盤は、5割もの獅子奮迅な大活躍をした。暫く4番に入って経験してほしい。

③岡本を外して、2軍の熱さに触れさせる。何時迄も変わろうとしない岡本には天罰の降格である。4番らしくなく、主砲らしくもない、守備も脚も下手だ。

④積極的に、新旧交代を図る。活躍できる新の選手を朝令暮改のようにかえる。他に変えたい選手、外国人助っ人、救援陣、移籍してきた藤岡などにも多くのチャンスがある。

⑤前回、抑えられたので、ヤクルト石川左腕に惑わされず、叩く、早めに叩く。足で搔きまわす。

⑥若林に、今後のために、3番クリンアップを経験させる。交流戦ー四割を頑張った若者に新しい経験を積ませたい。

⑦キラ星の中心ー山下航汰の潜在能力を大いに引き出す。身体が大きいのではないが、パンチ力があり、ポテンシャルがたかい。数ヶ年計画で育てれば、オリックスの吉田や、西武の森みたいに、身体は小さいが、最強体幹で、長距離打者になりうる。


山下 航汰(ヤマシタ コウタ) 外野手
山下 航汰 生年月日(満年齢) 2000年11月15日(18歳の若さ)
出身地 大阪
身長/体重(血液型) 176cm/80kg(O型) 投打 右投げ左打ち
ドラフト年(順位) 2018年((育)1位) プロ通算年 1年
経歴 高崎健康福祉大高崎高(甲)-巨人

主な獲得タイトル -
パワーあふれる打撃が魅力の育成ルーキー。
高校時代は1年夏からチームの主力として活躍し、通算で75本塁打を積み上げた。
プロの舞台では持ち前の長打力をさらに鍛え、早い段階での支配下登録を目指す。



🔶思い切ったスタメン

①左ー左、重信ー交流戦ではあの甲斐キャノンから、盗塁成功。
②右ー左、山下航ー2軍ピカ1を使って見たい、招来の坂本2番最強打者。
③二ー両、若林ーよく期待に応えて頑張ってきた、丸を休ませるために、3番を経験する。
④中ー左、丸ー最終盤の活躍は、5割の猛攻だった、潜在的な高さを見せた。4版でも伸び伸びとやってほしい。
⑤一ー左、大城ー思い切りはいいが、選球眼を丸から学んで欲しい。
⑥遊ー右、山本ーシュアな打撃を期待する。まだ確実さがない、センターから右打ちの課題。
⑦三ー右、中島ー1号は出た、右打ちに徹して、石川から、一発かましてほしい。
⑧捕ー右、小林ー強肩をさらに磨く。甲斐の様にコントロールをつける、打撃は右打ち。
⑨投ー右、山口ーヤクルトの一発攻勢に捕まらないように。村上左は要注意。バントを確実に。
2019/06/29

大谷翔平、もう10号打ったよ。オールスター戦に推薦して下さい




大谷翔平ー


10号ホームランを打ちました。

前打席に、空振り三振したコースを、相手投手は投げてきました。
大谷のコンピューターは、ロックオンして、なぞるように、見事に打ち返しました。
大谷得意の大岩大滝ゾーンにぶち込みました。

2年連続2桁ホームランを、記録しました。
オールスター選出において、
監督推薦か何かの特別推薦で、付加してほしいし、
ホームラン競争で、本数でも距離でも、速度でも、圧倒するので、競争させてほしい。
オールスター戦で、
ひょっとしたら、サイクルヒットを打って、イチロー以来の、日本人MVP2人目を達成させてほしい。


この試合は、
大谷は、、自信があって見逃したコースを、ストライクとコールした球審に、
噛みつくように、抗議しました。
その問題のコースを何度か、わたしも見直しましたが、確実なボールにしか見えませんでした。


もし、、、
ボールストライクの判定に、リクエストが活用されたら。
大谷翔平や、
丸佳浩が、
見逃したものは、すべて、科学的に見つめて、「ボール」です。


その昔、昭和の時勢のころ、
長島ボール、と、
王ボール、
という事実がありましたが、それは、彼らの威厳ある業績に対する「忖度」であります。

時は流れ、今や、、、
大谷翔平と丸佳浩が見逃したボールは、明らかにストライクゾーンを外れています。
二人は、昔の広島の達川のような大芝居や小技などは、嘘つくことは、一切使いません。
使う必要がないからです。
自分の実力で、勝負するという信条があるからです。
プレイスタイルの違いです。


球審が、
投手のギリギリのボールを、
「ストライク」として、判定して、個性ある判定モーションで、自己判断で、とっています。
見せ場を作るためです。



2019/06/29

目が、、、トロント





目が、、トロント大学、、、、、、


小松菜奈ー

でも、スレンダーな美人だなあ〜。


あいみょんも、似ているなあ〜〜。