FC2ブログ
2019/08/09

7ー0からの大逆転サヨナラ勝利





ヤクルトー巨人

7ー0
と、離された時は、、

もう、駄目だと諦めた。

この4回の初めに、巨人は円陣を組んだ。

反撃の狼煙は、
4回ウラーキャプテン坂本の技術的なセ・リーグ大台到達30号ホームランだった。

チェンジアップをうまく乗せて、レフトスタンドに運んだ。

それから、
5回ウラーゲレーロが左中間にソロ、
6回ウラー岡本が、ライトにソロ、
8回ウラーゲレーロが左中間にソロ、
石川ー四球、坂本ーレフトフライ、丸ーライトへヒット、1死2塁1塁。
岡本ーライト中段に、同点の3ランホームラン。

ヤクルト9ー9巨人

10回ウラー巨人
①坂本ーライトにホームラン性で、フェンス直撃で、2塁打。
②丸ー原監督が、丸に耳打ち、あそらくバント、丸でもこの場合、バント、ヤクルトは申告敬遠で、ランナー2塁1塁。
③岡本ー粘って、四球。満塁。
④阿部ー低めの落ちる球に、空振り三振。
⑤増田→代打亀井、粘ってネバッテ、8球目外角低めを左中間に犠牲フライ。坂本、慎重にタッチアップ蹴って、本塁セーフ。
ヤクルトベンチで、先発ライアン小川は、口をあんぐりと開けて、茫然自失になっていた。
この逆転劇は、およそ、信じられなかっただろう。
昨夜、出来なかったサヨナラで、巨人勝利。巨人にとっては、奇跡的な逆転サヨナラ勝利。


お立ち台は、2人。
岡本ークロマティ臨時コーチが指導した、「下半身重視」でうてたライトへのホームラン2本。昨夜からすると、3本目、守っていけば、投げるコースが無くなる4番打者の資格を取り戻す。本人は未だ、無自覚。
亀井ー「いいとこ取りをさせてもらいました。」と謙虚だった。


巨人、横浜、広島の上位3チームは、逆転勝ち。
混沌のカオスは、続く。

8月いっぱい、此の3チームの多少のデッドヒート、下克上はあれども、9月が勝負の月でしょう。
そして、其れは、クライマックスシリーズに繋がるのでしょう。