FC2ブログ
2020/03/11

3月11日に想う





3月11日、

あの、映画のような劇画のような大津波はなんだったのか。
ああまでして、
ヒトやモノの命をうばっていくのか、


天変地異は、人智の力では、ふせげないところが、多々ある。


しかしながら、
防げるものはあるとおもう。


東北地方の福島県に、「原発銀座」なるものをおしつけて、東京電力という会社は、
のうのうと
暮らしていた。
日本の首都ー東京といわれた特大都市は、電力パワーを独り占めにしていた。
首都圏という特別地域の、日本国民の1割という大人口さんは我が物顔で、享受していた。

でも、
この原子力発電なるものは、さければさけられるのではないか???
と、
確信する。


水俣病なるものを、チッソからおしつけられて、公害の被害者になった熊本県から、
いえるものは、
九州の、玄海原発も、川内(せんだい)原発も、福島原発と同様に、
超危ないということだ。
永年にわたって、放射能のごみ処理の宿題をかせられる。
汚染水は、希釈して、海洋投棄と何度も発言してくる。

どんなに解釈しても、人間や生物たちに害があるものを作った側の責任だろう。


原発はなくても、この世の中、日本も、世界もどうにでもなる。


ロッテのドラ1の佐々木朗希投手は、本日の午後2時46分に、ロッテグラウンドで、黙とうをささげていた。

実の父親と自分の家屋を、あの轟然たる大津波で奪われた。

だから、ふるさとを守るために、
県立の大船渡高校に進学して、野球を頑張った。

頑張ってほしい、被害者家族・遺族、、、
まだまだ傷はいえないだろうが、、、

未来を明るくしていくのは、自分だ。



花という明るい代物は、、、きっと咲く。
2020/03/11

サラダ丸の忍術を期待する





サラダ丸が、

菜食主義で、よみがえるとき、わたしも、痩せてよみがえる。

丸が本来のバッティングを、とりもどすとき、
坂本も岡本も打ち出して、

今、黒星が続いていても、
投手合格が、菅野以外は少なくても、、、、

巨人軍は、復活する。

そして、ソフトバンクに勝つことが出来る。