2017/03/19

合掌の





合掌の  枝垂れて桜 三重塔



※ 合掌とは、

右手は仏の象徴で、清らかなものや知恵を表す。
左手は衆生、つまり自分自身であり、
不浄さを持ってはいるが行動力の象徴である。

両手を合わせることにより、仏と一体になることや仏への帰依を示すとされる。

他人に向かって合掌をすることは、その者への深い尊敬の念を表す。

アジア以外(特に欧米)ではしばしば挨拶のつもりで
極東の東洋人(日本人・中国人・韓国人など)に向かって合掌しお辞儀をするものがいるが、

僧以外の一般人が日常の挨拶として合掌をするのは東南アジアや南アジアの一部の国や地域(インドのナマステやタイのワイなど)に限られる。

このステレオタイプはアメリカをはじめとするメディア(娯楽番組・映画・アニメなど)にしばしば登場する。

日本では
仏教に関する儀式の際に行われるだけでなく、お詫びをするときやお願いをするときに、相手を持ち上げるための仕草として使う例もある。

また、食前食後の挨拶の際に合掌する例もあるが、これは仏教由来の習慣である。

仏教徒は、あらゆる挨拶において合掌をする。
神道では柏手として手を打ち合わせるが、その後は両手を下ろし、お辞儀して礼拝する(神道の礼拝では本来、合掌はしない)。
関連記事

コメント

非公開コメント