2017/03/21

花より団子というが、


(前回から、少し塗り込んでみました、、、、。)

実話である、

ある友が居た。

同僚のおとこどもから、
何故かしら、「奥さんに、花を送ってみろ、プレゼントしてみろ。。。」

といわれ、
怪訝な感じで、照れ臭そうに、

家に花束を持ち帰ってわたした。

すると、
「私を、、、、いくつと思っていると、
わからんかなあ。
こんなのひとつもうれしくなかあ。

花より団子でしょう。もっと、みのあるもんを持ってこんかあいー。」
と立腹されて、旦那はしょげていた。



すると、いっときたって、

夫婦は
ベッドを別室にしていたらしいのだが、数日たって、妻の方から、夜中に寄ってきたらしい。

つまり、
花より団子より、まあたまには花もいい
という諺である。



と親しい友人が、じっくりと話を聴かせてくれた。

羨ましいなあと
思った。




まあ、
つまり、
花でも団子でも何でもよかったんでしょうが、サムシングワン、何かひとつの気持ちが、
ポイントを射止めたんですね。


世のなか、平和である。

決して、
自分の話を友に置き換えた話ではない。羨ましいのだ。

花を描きながら想う。






関連記事

コメント

非公開コメント