2017/03/28

天才 久保がゆく




やはり、
久保裕也は天才だ。

良さの一点は、
とにかく、精度が高いということだ。味方選手の動きをよくみて、それにきちんと合わせている。
レベルが高い天才だろう。

今日は、
前回、大活躍してくれた
大迫、今野怪我の休場を受けての、

日本 対 タイ戦だ。

日本がリードする。



1点目は、
久保は、もらって、少し、ためて、時間やスペースをはかる。

ニアにきた岡崎に合わせるも、スルーパス気味になり、香川へわたる、

香川、うまく相手をシュートフェイントでかわして、左隅にシュート決める。久しぶりに香川ゴール、素晴らしい。この日、香川、阿修羅のような顔つきで、攻守にことごとく動き回っていた。久保に良い刺激をもらっている証拠だ。10番は俺だといわんばかりだった。




2点目、
また右から、久保が持つと、今度は直ぐに、ニアに来た岡崎のヘディングに合わせる。岡崎らしいキレッキレのシュート決まる。

後半、
タイの猛攻を川島等、防ぐ、

3点目、
ワンチャンが急にめぐってきた

今度は、日本スローインから、久保取りに行って、真ん中ににより、切り返す
久保、左を振りぬいて、一閃、シュート決まる。(3-0)
大きな一点である、流れを元に戻す、点数だ。



4点目、

久保が、入った本田の頭を狙って正確なパス、
ヘディングシュートを打ったが、相手カバーに防がれて、日本コーナーキック。

清武のこれも精度の高いキックに、中央高く、キーパーの手を交わして、
キャプテン吉田(負傷の長谷部の代わり)が、ヘディングシュートを叩きつける。(4-0)どや顔をした。


相手の猛攻に、たまらず、長友が反則で、PKを取られた、
見事に、
川島が、右に横っ飛びで両手ではじいた。
凄い、ベテランの力。川島は、この日、何度もスーパーセーブをした、文字通り日本の守護神だった。

(4-0)のままだった。

日本に貴重な救世主が誕生したと知っていいだろう。
防御でも活躍する。

久保がゆくと、みんなが活気づく、

いいね!!



久保は稀なる
天賦の才能だ。

感情の波が、ぶれないし、
淡々としている、
どや顔もしていない。新しいタイプのヒーローだ。
関連記事

コメント

非公開コメント