2017/03/30

やっぱ、負けた 秀岳館




やっぱ、負けたー秀岳館高校

1対2、「惜敗」
という、またまた嫌~な文字。



大きな欠陥は、
1回ウラの攻撃チャンスを逃したこと、

あせってあせって、早打ちで、無駄遣いしたこと、相手の投手を助けていた。


秀岳館高校の管理職(理事長、校長、教頭たち)が、鍛治舎監督に引退を勧めていたという馬鹿な話で、ぶれていた。


ベスト4からの勝ち上がり方、石にかじりついても、先取点を取りに行くことの徹底、盗塁の無駄死に。



ベスト4に残ったのは、
履正社、
報徳、
大阪桐蔭、
秀岳館(メンバーのほとんどは、近畿)

の近畿i勢ばかり、

いみじくも、
履正社と大阪桐蔭が生き残り、大阪決戦になった。


秀岳館高校は、
九州熊本田舎なので、レベルが低い練習か、練習試合しかできないのか?
肝心な時に、
タイムリーが出ない、
盗塁が生かせない、
気合ばかりで、頭脳がない、
やる気はあるが、自信過剰過ぎ、大振りし過ぎ、細かな野球が苦手、
鍛治舎監督自身が言っていたが「バントは嫌い」だった、としても、バントが上手にならないと、真の優勝候補とはいえない。



三季連続ベスト4なんて、有り難くない用語を産出してしまった。


キャプテンの広部君、一発狙い過ぎだよ。
最後まで、打点ゼロだった。
昨年の九鬼くんの方が打っていたよ。



コンパクトさもなかった、
外角のスライダー―が遠すぎのだけど、大振りし過ぎていた。


心の底から、応援している熊本県民は、本当にがっかりする。

あの左のレベルの高い投手二人なら、
十二分に、優勝を狙えるのに、

いかんなあ。



戦犯探しはおろかだから、
夏に向けて、
再出発し直してほしい。

頼みます。
関連記事

コメント

非公開コメント