2017/03/31

阿部さん、最高です!





忘れていたわけじゃないが、阿部だった。

いきなりのホームラン。
中井のヒットが生きて、2ランでスタート。

初球、大野左腕のするどい内角に、ぴくりともしなかった阿部の立ち姿。悠然と見送った。
私は、正直
「んん?  いいね、最初の初球で、打者の状態が分かる、これは調子いい証拠だな。。」

と感じた。
2ストライクと追い込まれていたが、泰然自若の様子だった。

決め球の外角を少し泳ぐようにしたが、片手一本でスタンドに運んで見せた。(数年続けてこの当たりが失速していた。)

解説の原辰徳は、
思わず、
ツイスト(右と左の腰の捻りで回転するいった意味らしい、高等な技術だ)
と言った、
「自然体の構えがいいですね。良い時の阿部ですね。力みが無い。」
とも、言った。

2打席目も、初球を当たり前のように叩いて、センター前で、1点加点。
独りで3打点。

マギーもレフトオーバーを打って、1打点。(4-0)

中日も反撃して、2点をを返す。

しかし、

坂本勇人が、右中間に、2点ホームランを打ち返した。(6-2)

原解説者は、
これも高等技術だ、最後に右ひざと右足首でもう一度押し込む、蹴るという感じだ。

と言った。
試合開始前に、「坂本も身体が、一回り大きくなって、成長していた」と原さんは言っていた。(パワーがついてきているという意味だ。)

坂本も、
右打者で、首位打者を獲った大物である。右は左より不利である。
内角打ちはほとんど天才だが、右への押し込みホームランが出てくると、三冠王も見えてくる。すげえー。
関連記事

コメント

非公開コメント