2017/04/01

一振りでひっくり返す阿部ー最高






事実は小説よりも奇なり
ドラマがあるもんだ。


今日は、
負け試合かと思っていた。

2点を中日にリードされていて、

何とか、
1点を追いついていたが、
重い空気の
巨人1対2中日。


9回ウラになって、追い込まれて、やはり配線濃厚だった。
抑えは、あごひげの田島だった。

代打亀井ー三振、ワンアウト
万事休す。

しかあし、
代打村田が残っていた、何とか右中間にシングルヒットを打った、
(俺は村田だ、の底意地とプライドだった。)
代走重信、(昨年までは、鈴木尚広だったが、惜しくも引退した。)


立岡は、何とかライト方向へと粘った、強襲の1塁ゴロ、ゲッツーは免れた。

そして、
今日ヒットが出ていない坂本勇人、
一打出れば、同点、
一本出れば、
サヨナラだが、

何か頭をひねるシーンが多く、今一の調子、何とか四球を選んで、阿部に繋いだ。でも、この四球は、前の打者が2塁に行くので、田島に重圧がかかる。

中日近藤コーチと内野手が、マウンドに集まる。
次は阿部だ。

ドラマは起こるべくして起こる。

そんな期待と雰囲気が漂っていた。
カウントが進むムードで、
先ずは同点でのような、気負いのない、楽な構えだった。

それが良かったのだろう。
まさかの坂が起きた。

1球目ー阿部の内角をするどくえぐるストレート、ほとんど死球に近い、阿部仰け反ってよけた、バランスを崩す作戦だ。この1球は、次は外角の逃げる球を予想させる。つまり、踏み込ませないため、ゆさぶるため。~ボール

2球目ー外角スライダーでストライク。阿部見逃した。打ってもぼてぼてのはずだ。何やら審判に確認する。

3球目ー昨日の阿部より、真剣な顔つき。
またも外角、フォーク137キロを、阿部はバットで振り切り、腰の回転力で後押しした、だから伸びた。
撃たれた瞬間の田島は、「あれえ、うっそおー」という顔で何やら呟いた。そして、
レフトスタンドをみやりながら、あれでスタンドに入るのか?というように諦められない様子で、マウンドをおりながら、三塁ベンチの方に帰っていった。


篠塚解説者は、
「やっぱり、阿部の技術、打つ方向にヘッドの先が出ている、打つ方向に運んでいっている、だから伸びる、こすっていないということ。、、、強振したというより、外野の頭を超えると、1塁ランナーも帰られるだろうというぐらいのバッティングだった。それが伸びた。」
と言った、篠塚も天才と言われた男だ。


軽打だったが、
本日は、
レフト方向にホームランだった。


画に描いたような
逆転サヨナラ3ランホームランだった。

スコアは、
巨人 4対2 中日

お立ち台では、最高でーすを連発した。

「初登板の2人のルーキーたちが頑張っていたので何とかと思っていた、、」


しかし、
連日のヒーロー、化け物・怪物というネーミングが似合ってきた。

中日は、
目の前のてのひらの勝ちをこぼしてしまった。
惜しむらくは、9回表に、3塁まで走者を進めながら、追加点をあげられなかったのが、後の祭りになった。

森新監督にとっては「、エイプリルフールだった、」だろう。お察しします。


それにしても、中井は守備も、小林からの送球も捕れない。
これは、2軍送りだね。脇谷でも吉川でも無難が良い、巨人史上、守備が下手なセカンドというのは聴いたことがない。


関連記事

コメント

非公開コメント