2017/04/02

ゴースト イン ザ シェルの原作ですか。





ラインが、いっぱい有り過ぎて、

何が何だか分からない。


ついでに、
このアニメも、
主人公の名前も、何かしらないが、

日本のアニメが、外国で映画化なんて、凄いんだね。




主演は、
スカーレット・ヨハンソンですね。
ルーシーという興味深い映画で頑張っていました。

覚せい剤を袋ごと、体内に無理矢理に入れられ、
自分の能力が、覚醒していって、犯人たちを凄い能力でつかまえていくー面白いものでしたが、身体的なアクションは殆どありませんでした。

よおく考えてみると、
拳銃のガンを飛ばしたり、人を空中に浮かばせたり、初めて運転する車をあやつったり、
髪の色を変えたり、

外国語をパソコン2時間で習得して、
全ての機器、デジタルものを支配して、コントロール出来るなら、アナログのアクションなんて要らないですよね。

羨ましい限りの勧善懲悪のスーパーウーマン(Xマン以上)でしたが、
最後の最期は、
人間の姿から、デジタル機械文明に昇華してというか、スーパーコンピューターに自ら溶け込み、融合していって、次世代型のコンピューターになっていってしまったという、落ちでした。



今回の映画は、アクションものだ思います。
期待しています。
関連記事

コメント

非公開コメント