2017/04/02

今日も阿部さま なのか?



結局、
一昨日も阿部、昨日も阿部、今日も阿部だった。
3連戦で、阿部は7打点だった。



開幕3戦目、

巨人 大竹 対 吉見(ミスターコントロール精密機械)中日

どちらも往年の好投手。

解説は、元巨人水野雄仁さん、
非常に分かりやすい。

投手目線から、多角的にとらえる言葉、表現。

今日も、中日ビシエドのタイムリーで、1点リードされる展開。ピリッとしない大竹。バントもへた、顔つきも精彩がない。

4回表、
水野さんは、「この回から、あらためて、大竹は引き締めていかなくてはいけないですね。」
と言った。(こういうふうに、解説者がいうときは、何かの変化が必ずある。ホームランなどが生まれる直前です。)
言わんこっちゃない
直後、

ゲレーロの来日1号ホームランが、中日応援団の左翼席に突き刺さった。
しかし、
このゲレーロの活躍が、味方中日の足を引っ張るミスを誘発することになるとは、このとき、
誰も気づいていない。

4回うら、巨人の攻撃、
立岡が当たり損ねの1塁線、吉見も懸命に走ったが、立岡の駿足は内野安打。

続く初球を、
坂本勇人がライトへヒット。阿部に繋げる。
吉見、阿部を迎えて、内外角にコントロールを苦労する。
水野さんは「いくら、吉見でも投げるところがなくなってくる」
と言った。

外角低めストレート、ほとんど低めのボールを阿部は今日は、ライトに引っ張った。これで1点反撃(1-2)。
打ったというよりは、反応だ。相撲の世界で、自然と身体が動くという真髄だ。

マギーはぼてぼてだったが、
坂本走り、1点。マギーはにこにこ。(このプラスイメージが。次のタイムリーにつながる。)

そして、
6回ウラ
先頭バッターの坂本のバウンドの高いショートゴロと思われた当たり、サードげれーろが出しゃばってきて、京田の前で捕り、投げたが、間一髪、セーフ。坂本も実は足が速い。

水野さん、
「あれは京田に捕らせたら、アウトでしょうけど、サードのげれーろが走りながら、逆モーションで投げるのはどうしても遅くなる。」
これが、巨人にとっては活きてくる。阿部に繋いでいるからだ。

阿部が、もうここいらで集中力を欠いた精密機械の吉見の初球インコースが寄ってきたど真ん中をライトに2塁打。
2.3塁で、
マギーが三遊間のタイムリーヒット。(3-2)の逆転。長野×。
岡本の代打で亀井登場。
初球を思い切り、引っ張り、2点タイムリーヒット、(5-2)。あっという間だ。
小林もヒットでつなぐが、サード亀井。
またもバントが下手な大竹のバンドだった、亀井がサードから飛び出していた、げれーろがサードからバンド守備にまたまた出しゃばってきていた、捕球した、捕手はサードに誰も居ないので、1塁に投げて、投げ返すタイミングで、亀井がクレバーに生還した。(6-2)。
これは、ダメ押しになる点数であり、スタンドプレイが多すぎるゲレーロ(キューバ代表選手^プライドが高すぎる)のおかげで、巨人の勝利は確定した。


お立ち台は、
マギーと亀井が選ばれた。
水野さんは、「本当は坂本阿部ですが、いっぱいヒーローが生まれてくるといいんじゃないですか。」と言った。

3たて開幕3連勝。

御免、皮肉な言い方だガラ、
私は、お立ち台は、ゲレーロだと思った。

代打交代で、
不貞腐れている岡本の笑顔に対して、水野先輩は「我慢しているのは、亀井村田の方だ。岡本には勉強してもらいたい。」
と言った。
私は、自分への代打、交代選手、味方の選手の活躍だに、ぶすくれている岡本の表情に、困惑した、こんな選手は実際伸びない。
何故変えられらたのか。
素直に反省しながら、

練習すべきだ。

岡本も中井も攻撃も守備も下手くそだ。
反省しなさい、そしれ練習しなさい。
そうでないと、
次のクールから使ってもらえないよ。


高橋監督は、意外と原完投と違って、若い新しい選手にチャンスを与えられていると思うよ。
素直に喜んでがんばんなさい。

蛇足だが、
大竹は昔から、バントが下手ですよ。
自分の為にも、練習しなさい。




関連記事

コメント

非公開コメント