2017/04/09

走る、、、、しかない




甲子園始球式

稲村亜美ー103キロ。
翌日ーインフルエンザでダウンでは、笑いものだなあ。


もっともっと高速を出したいなら、

走ることにつきる。

ただただこれ一点、

卑近な例は
阿部も今年蘇っているのは、
走る練習に重点をおいたからだ、先ほど、アスリートの魂阿部編があった。
徹底的に走る練習の原点回帰をし始めた。


少し前の話だが、
桑田真澄は、PL学園から巨人のエースまで昇りつめた。
巨人の練習場に、
外野スタンドの2メートル手前ほどに、

芝生が長く、輪になって、擦り切れているところがある。

誰が付けたか知らないが、
「桑田道」(くわらみち)

というらしい、

桑田が、黙々と走り続けて出来た道だという。体格もそれほど、大型ではない彼が、たどり着いた、究極の原点だ。


稲村亜美は、アイドルを続けたいので、自分の特長として、投球フォームや神スイングにこだわっているのだろう。でも見てくれだけの問題ではなかろうと感じる。



本格的に、
走る練習で、鍛え直したいのなら、青山学院の先生に訊くことだ、
情熱大陸に出た「岡崎を速くした男」に学ぶべきだ。



あっと、
ついでに、
高梨沙羅さんも、
徹底的に走る練習を取り入れ直したら?
スポーツの基本は、走るしかない。

今日のなでしこジャパンの熊本での活躍も、「走る」が目立っていた。


関連記事

コメント

非公開コメント