2017/04/14

後悔も歓喜もそんする、菩薩です






エフゲニア・メドベージェワ(金メダリスト)-現今の世界女王が、
真央のことを、、「おんなサムライ」
と呼んだ。


悔いが無いと言い切れたのは、

じぶんのなかに、深く深く悔いが在ることを、自覚して、
菩薩となり、
悪魔となり、

何百万回も、後悔した上に、到達できたからである。
到達した途中駅の名は、

「引退駅」
乗り換えて、次の汽車に乗る。

いいじゃないか、

まだ、
たったの26歳、

大きなゆめが横たわっている。





宮本武蔵の

深く有名な言葉に、


「我ことにおいて、後悔せず」

という名言がある。


しかしながら、
タケゾウは、こんなことも残している。


「人間とは、
一日中に 何百遍も
菩薩となり、悪魔となり、
たえまなく変化している。」

と。


関連記事

コメント

非公開コメント