2017/05/02

日本は核を持つべきだという橋下徹~ブルーインパルスという熊本地震支援??~きなくさくなったその2




史上初の「米艦防護」???
(あたらしい、四文字熟語)


日本の「出雲(いずも」という空母

2015年作成、1200億円、
長さ248メートル(都庁の243メートルより長い)

大型ヘリコプターをつめる(大型トラック50台分の換算)

つまり、
アメリカの空母、戦艦などを、防護できるという役割

即ち、
北朝鮮に対してのアメリカの動きに関して、、、コバンザメで動く。


5月1日
橋本は、ついに、
「日本という国は、核を持ってはどうか」
という論議を起こすべきだと、テレビでいった。

日本が、各国に対して、「核を有するべきだ」と言い放ってきた、抑止力に対する抑止力。
信じられない発想、


やはり、元々、
橋本は、ヒトラー発想、独裁者発想、トランプと酷似。
強さに対しては、つよさ=威嚇=核をもつということ
だった。

持たない、つくらない、持ち込ませないの三ないはどこにいった、
やはり、
自衛隊は、日本軍ではないか???

ブルーインパルスで熊本城を応援しに来て、
マスコミも含めて、

熊本県民全体は、子ども達をよろこばせていたが、
単なる
「有事」
に対しての飛行訓練、デモンストレーション。

ブルーインパルス(青い衝撃)という戦闘機は、カッコいいのか、空恐ろしいのか???
見せかけでなんぼでも誤魔化せる。

一回の飛行訓練で、
何百万円も、高い燃料を使いつくすのを知っていますか????

熊本地震支援に、戦闘機はいらない。
関連記事

コメント

非公開コメント