2017/05/14

あえて、清宮と勝負




5月14日(日曜日)母の日、
熊本藤崎台野球場、

招待試合

早稲田実業高校 対 秀岳館高校


秀岳館高校は、9回の表、
5-1と早稲田実業をリードしていた。

二人を打ち取った、
次打者をうちとると、勝つ。

投手は左の強気の投手、田浦。

強打者の清宮幸太郎に廻さなくて済む。

鍛治舎監督は、伝令を出した。

敬遠しろ、

つまり、
清宮に廻せということだ。
田浦はすんなり受け入れた、投手として、望むところだ、最後に清宮と勝負をしたかったのだろう。


普通なら、前代未聞だ、
熊本野球界の指導者なら、こんなことはしないというか、

出来ない。

おそらく、
鍛治舎監督の計算によると、
ホームランを打たれても、2ランで、5-3で、負けることはない。田浦なら後続をきってとれる、
まさかに、
逆転の動きがあっても、そのときはそのとき、
まだ9回うらの試合が出来る、

甲子園に向かって、
東京の強豪校と練習試合が出来るなんて、そうはない。

田浦対清宮
の場面が、ためしとして、一番スリリングな状況で、練習できる、データが取れる、実際、この夏の甲子園で、
再びこの対決が出来るかもしれない。

もうひとつは、
ファンサービスだ。
粋なもんだ。



いいではないか。

清宮は一瞬、不思議な、顔をした、そして、結果は、強い当たりの
1塁ゴロだった。


いいんではないか。
批判する人がいたら、

いなかもんとしか言われないと思う。
関連記事

コメント

非公開コメント