2017/05/19

マギー達磨、大車輪!!


(ちなみに、巨人軍は紳士たれという押しつけがあり、マギーも鼻ひげやあごひげは綺麗にそりこんでいる、が、顔の雰囲気は、相手が手も足も出せないような、達磨さんというイメージなのだ。)



巨人マギー、5月4割越えの大車輪の獅子奮迅のうごき

横浜ー巨人戦

井納とマイコラスのエース同士の投手戦。
序盤中盤まで、動かず。

中味は、延長戦まで、もつれた。

ずっと、言ってきたマギー四番説が、この試合も動き出す。

2回表左中間を真っ二つに引き裂き、センターが必死でおさえた。相変わらず打球がするどい中安打

次は、空振り三振
7回先制点の起点となる四球選択、リードする
9回犠飛、再び、同点となる当たり、センター奥に綺麗にうちかえす。

10回表、満塁から、三遊間に2点タイムリーで、決勝となる。

なんという頼もしさ。

前前記事で、
村田・亀井を生かしてくれ
と言ったが、

マギーがこんな大活躍だと、彼とは変えられない。
マギーの長所は、
打撃だけではない、
守備が堅実で、送球が安定している。
先日の解説では原辰徳さんが、そこんところをえらく褒めていた。

派手な送球など要らないのだ、確実さが、ナインや投手を安心させる。
前回もふれたが、

投手がピンチの時に、坂本主将以外に、自ら歩み寄ったのは、マギーだけだ。
野球をよく知っている。

村田も、亀井ももちろん、守備も送球も抜群だ、
村田と亀井と吉伸監督との「出場機会についての十分な話し合い」が必要だ。



引き合いに出す、
大田はきょうも、うった。
6戦4発の大当たりで、自己最多の5号だ。
のびのびしている。

マギーは、
背中にしょっている33番は、かつて、「四番サード長嶋」といわれたミスターが、監督時代につけていたものだ。
マギーを四番に据え直して、
「四番サード・マギー」
という響きを聴きたい。


尚且つ、
いうならば、
マギーとこの画の達磨さんの風貌は、
かの、
ベーブルースにも見えるから、凄いのだ。

関連記事

コメント

非公開コメント