2017/05/31

何にもしていない




イエス・キリストの
十字架の磔の画で、、、、


どきりとしたアングルがあった。

この見下ろした角度である。
いつかは描こうとおもっていた角度だったが、勇気がいった。いちばん痛くて、惨い気持ちがするからである。



数年前、クリスチャンになった。
なったが、

自分の為にも、
ひとの為にも、何にもしていない。
なんにもしていないから、

何の御加護も受けていないのかもしれない。




でも、

自分の担ぐ十字架の重さが、年々重くなっている。どこかに逃げ出したいが、逃げ切れない、あとから、あとから追いかけてくるようだ、

十字架
を背負って、丘も坂も越えることができない。


何にもできていないから、
手を合わせているだけだ。無力を感じることがただ、きつい。
関連記事

コメント

非公開コメント