2017/06/02

焼酎呑んだくれ





先日、出川さんが、宇土半島の付け根にある神輿来海岸までに、
電動バイクで来ていたねえ、
鹿児島から、西回り航路で、半島や離島をつなぎながら、下天草市に着いた。
そして上天草市、
橋を渡って、三角町から、みこしきをめざした。
電動バイクだから、
直ぐに電池が切れて、町の人々に助けられながら、恩返しの何かをしながらの、ゆるゆるの旅立った。
何キロも長〜い遠浅の干潟があるとばい。
特別に、出川さんは、バイクで、遠浅の地点までいかせもらっていた。


ここに来ると、なぜだか、
焼酎呑みたくなります、
お湯割でも、
ロックでも、
呑めれば、どちらでも、幸せです。


呑んで、のんで、呑まれて、飲んで、、、、、あとは、、、ふにゃふにゃ、、、。

河島英五には
もっと長生きして欲しかった、 まじ。

自分のオリジナルな生き様や哲学を唄わないどうでもいい歌い手ぶっている人は、いっぱい、多いけど。

なんの感動も起こらない。


関連記事

コメント

非公開コメント