2017/07/25

白鵬、横審から、ビンタ







◆ネットの情報より

異例の注意?指導?


横審委員長「一番上に立つ人が…」 白鵬の張り手に苦言

7/24(月) 23:25配信 朝日新聞デジタル

 大相撲の横綱審議委員会が
24日、東京・国技館であり、
名古屋場所で通算勝利の最多記録を塗り替えた白鵬に記念品を贈ることを決めた。

一方、白鵬が立ち合いで頻繁に見せた張り手について、

北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は
「一番上に立つ人が下の人のほっぺたをたたくというのは、私はあんまり良い印象を持っていない」
と述べた。

今年3度目の途中休場に追い込まれた鶴竜については、
「(現段階で)引退勧告はしませんが、様子を見て判断しなければいけない」。

2場所連続途中休場の稀勢の里に対しては、ケガを抱えながら出場した判断を
「甘かった」
と指摘しつつ、
秋場所を休んででも治療に専念すべきだとの声が委員から出た。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

鶴竜と稀勢の里の休場についての、
注意は、よくわかるが、



優勝した横綱に、異例の注意とは、
笑止千万だ。

これについては、
氷山の一角であり、
白鵬に苦言は、、、海の中にたんまりと溜まっているーーー

それを白鵬自身は、理解しているのだろうか?

何か、気づかない、知らないふりをして、

自分を史上最強とふんぞり返り、

相撲力士や、相撲ファンならずも、日本人全体を、小馬鹿にしている感じがする。

結論、
白鵬には、横綱に一番大事とされる「品格」がないという証拠だ。

最近の御時世、
各方面に、

品格なしだらけになっちまったね。

白鵬さん、日本の武士には、なれません。
千日回峰行ぐらいしてきなさい。


日本
実るほど 頭を垂れる 稲穂かな


モンゴル
勝つほどに、ビンタはたき込み突き落とし、カチ上げラリアット、プロレス、ついにはダメ押し、ガッツポーズ
(何処ぞの価値観なのか、解りません。つまり、頭を垂れる謙虚さは皆無ということでしょう。勝つためには手段を選ばず。というのは、暴力団ということです。)
関連記事

コメント

非公開コメント