2017/11/14

暴行は氷山の一角




日馬富士の暴行事件は、氷山の一角である。

角界の体質、縦社会の風土、人権感覚のなさ、支えるたにまちさま、それらをみとめる世間の風潮、ええとこどりの人気をあおってきたもの、

とても、

スポーツや運動とはいえないものである。
格闘技や挌技、日本の国技とも、とてもいえない。


これまで多数の犠牲者が出てきたと考えられるが、封印されてきた。

モンゴル内のもんだいではない,



相撲界そのものの「本質」の問題である、またも、それらを隠蔽しようとする動きがある。
つまり、
一人の先輩力士の性格や傾向のもんだいに矮小化して、罰しようとする向きである。
罰したら、
終わりなのか?
関連記事

コメント

非公開コメント