FC2ブログ
2017/12/17

世界一の 矛と盾の試合





クラブワールドカップの決勝試合、

矛つまり攻撃はレアルマドリード

盾つまり守備は、グレミオ


の伯仲した試合、

前半、きそりにきそって、0-0。


後半、眠たいが、ロナウドの奇蹟にかけて、眠ろう。
昨年度は、日本であり、
決勝戦でハットトリックを打った。

そうこうしている内に、
やはり、
フリーキックを左から、壁の間を抜けて、決めてくれた。

これで、1-0だが、
後半開始直後だったので、
まだ十二分に時間はある、強豪同士だから、おもしろい。

まだわからないでしょう。

と言っていたら、

後半12分に、
クロスが入って、
ベンゼマがロナウドに戻して、再び、またロナウドが決めたが、
そのまえのベンゼマが、クロスに走り込んだプレイが、

オフサイドだった。惜しい。

攻撃は最大の防御なのかもしれない。


◆、
ロナウドというバロンドール5度目という怪物は、
こういう本番で、わずか2本のフリーキックの機会を与えてもらえれば、
1点は決めてしまうもなのですね。

おっそろしいアスリートです。

関連記事

コメント

非公開コメント