2018/03/27

さがわしは  さわがしい  さわがに





佐川氏は、 騒がしい  沢蟹
(さがわしは、、さわがしい、、さわがに)


上目遣いで、顔すかしたり、、


時には睨みを利かす、、


言葉は穏やかだか、慇懃無礼、、、吐き捨てるように泡を吹く
口癖は、差し控えます


己の事を一番のエリートと自負しすぎているのだろう、官僚試験で一番の範疇で、国会議員を見下ろしている


下に居るが、実は上から目線、

検察庁をにらみ、
裁判所をなめまくり、、、
まして、国民のことなど、つゆしらず


さがわしは、権力に対して、、、
、、、、、、真横にうろちょろ、、、、左右にうろちょろ

前進もせぬが、下がりもせぬ。
隙あらば、人の脇にななめにはいっていく。

いつも、
暗い低い隙間に潜んでいる。


こういうゲテモノに、私は決してなりたくない

◆刑事訴追の恐れがあるから、答弁は差し控えると、何十回も繰り返したのは、
自分自身に、疑いがある、
自分が犯人です

と告白しているようなもので、おかしかった。
悲しい出来過ぎくんの東大卒。

◆政権の関与は無かったということだけ、断言したことに不思議な感覚があった、つまり、
自民党との裏取引が出来ていることを物語っているし、犠牲になり、ゼロ戦の特攻部隊のような力強さがあったことが、おかしかった。

◆野党の詰め方も甘かったと言える。

◆こういう官僚(上司、中間管理職)が居ると、自殺者や犠牲者が増える。

◆今日の証人喚問は、疑いを晴らすどころか、忖度の完全な証明であった。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!

内容に共感するのはもちろんですが、
的確な文章にいつも圧倒されます。

この墨絵が実にいい ! !

沢蟹の


> この墨絵が実にいい ! !


いつも、有難うございます。
佐川氏のちょこまかせわしなく動く動きをみていると、
つい、
あんな文章と画が浮かびました。

日本の国の民衆は、いまだしも、水戸黄門なるようなご印籠の葵御紋にひいこら、気を使わないといけない21世紀以上になるのかと、
思うと、先が思いやられます。