2018/04/06

人命救助した女性は国民栄誉賞ものである




ひるおびという番組で、
女性は降りてください問題において、

元関取、大至は、

「女子相撲と、大相撲は違うもの、
女子相撲はスポーツで、
大相撲は、伝統文化である。

だから、
土俵には女性はあげない。」

と、
明言した。
中川智子市長は乗っかっている
とも言い、
他より、たしなめられた。
また、他放送局の加藤浩次からも批判されていた。情けない。


次元が低い盲信である。
自分の無知を振り返ろうとしない。憐れである。


私は断固として、
下記の考えを主張する

男だけの相撲をおおずもうと呼び、格式をあげているバカさ加減、

女人禁制は差別である、

大相撲の女人禁制は、あくまでも、伝統文化と主張して、男女平等のことを考えようとしない。

もし、内閣総理大臣杯が女性になるときが来るとき、土俵には上げないのか?
理由は?
馬鹿げている、
遅れている。
後進国である。
時代遅れである。
人権意識がない。
個人の基本的人権がない、
だから、体罰、可愛がり、隠蔽など問題が起き続ける。

人命を援けたこの女性には、感謝状が贈られる意向が出てきたが、
それどころか、

国民栄誉賞である。

ノーベル平和賞をいただいたマララに匹敵する。
それほど、
人命は重要であるから、
そして差別を乗り越えて、行動を起こしたのだからです。

関連記事

コメント

非公開コメント