2018/04/07

にゃんこスターか?さびで決定打が出せないのはあかんなあ。


(にゃんこスターのアンゴラ村長のような、口とんがらし)



さびのところで、縄跳びや決め業をしないーーー

さびの所で、決めきれないマギー、

きみは、にゃんこスターか?

いや、にゃんこスターは、あの芸で、人気も実力もあるけど、

今年のマギーは当てにならない。待てど暮らせど。

おとこ村田修一を群馬方面に捜しに行くべきだ。
村田一番手、
マギー二番手で、調子がいい方を使えばいいじゃないか、
代打でもいいし。


ヤクルトは、昨夜、
帰ってきたウルトラセブンの青木が4番に座って、旋風をまきこし、

菅野を打ち砕いだ、菅野は2連敗。これも、さびで勝てない投手。
今日も、青木マンは活躍している、いきなり、4点。

何とか小林の満塁ホームランでひっくり返したが、
未だこの試合、わからない。
青木ヒットで、荒木が2ランホームラン。7-6で1点差に追いつかれる。

ここで田口交代、
菅野も田口も連続KOーいかんなあ、こりゃあ。



海の向こうでは、
二刀流が大活躍、
6点差で迎えた2回ウラに、大谷がまたまたバックスクリーンに噴水に、大ホームラン。球場がまた、わっと沸いた。
これで3試合連続連続でいきなり、松井に迫った。

その勢いがあり、
プホールズもトラウトも燃えてうちまくり、

エンゼルスが、試合をひっくり返し、
12-9で勝った、きっかけをつくった救世主・立役者は、大谷であることに間違いない。

関連記事

コメント

非公開コメント