2018/04/07

季節外れの雪とさくらが・・・




今日は、さむーーだった。
西日本の何処かで、
季節外れの雪が、、、、、ふったそうな


この唄を想い出す、


その昔、くまもん駅で、予備校友達を東京と関西におくったことを覚えている。
この唄をうたって、お互いに涙した。

なごり雪

作詞作曲ー伊勢正三

汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節はずれの雪が降ってる
「東京で見る雪はこれが最後ね」と
さみしそうに君はつぶやく


なごり雪も降るときを知り
ふざけすぎた季節のあとで
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっときれいになった


動き始めた汽車の窓に 顔をつけて
君は何か言おうとしている
君の口びるが「さようなら」と動くことが
こわくて 下をむいてた


時が行けば 幼い君も
大人になると気づかないまま
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっときれいになった



君が去った ホームにのこり
落ちてはとける雪を見ていた
今 春が来て 君はきれいになった
去年よりずっときれいになった



去年よりずっときれいになった
去年よりずっときれいになった
関連記事

コメント

非公開コメント