FC2ブログ
2018/04/09

悪魔のスプリット、これでもマグレですか?張本さん。7回毎回12奪三振1安打、もはやノーヒット、完全試合




快刀乱麻を断つ
( よく切れる刀で、もつれた麻を切る。もつれた事柄を、もののみごとに処理することのたとえ。 )

快投乱魔をたつ
大谷翔平の好投のことをいうたとえ、アメリカでは、大谷のフォークは悪魔のスピリットと呼ばれている。


ほとんど、
完璧ではないですか?

大谷の2勝目 7回1安打無失点毎回12K快投


 三者三振が、1回と5回。12Kがすべて空振り。6回までパーフェクト。

こんな快投があるのだろうか。



 7回1死から2番セミエンに左前に初安打を許すと、ここまでの快投をねぎらいファンから拍手。
続く3番ローリーに四球を与え初めてピンチを招いたが、

最後は5番オルソンを142キロのスプリットで空振り三振に仕留めガッツポーズ。

7回を1安打無失点に抑えた。
もうすぐで、ノーヒットノーラン。

あわや、完全試合は時間の問題かもしれない。

なぜなら、
大谷翔平が落ち着いているからだ。
100パーセント全部肩に力を入れずに、力まずに投げているからだ。


尊敬に値する、
世界中からリスペクトを集めている。


ただひとりをのぞいては、

張本勲さん、あなただ、
あなただだけは、同じ日本人として、恥ずかしい。

同じスポーツマンの風上にも置けない。
関連記事

コメント

非公開コメント