2018/04/10

割箸墨絵 大谷ガッツポーズ




大地に吠えろ、
ガッツポーズ。


大谷翔平のフォーク(スプリット)は、

メジャーの平均より、


約14センチ落ちるのだそうだ、

今は、データ野球なので、直ぐにわかるみたい。

強打者・豪打者といわれるひとが、ぶんぶん、バットを振って、
三振をしている。
落ちるとわかっていても、振るから、三振の山が築かれる。


そりゃあ、14センチも落ちて、しかも、160キロ台の速球があるのだから、完璧ではないか。
研究されても、

打たれる要素がない。

今後、こわいのは、
死球と、怪我だ。
関連記事

コメント

非公開コメント