2018/05/30

スポーツ庁長官鈴木大地は、なにやってんの?






関学連は、早速、声明文を発表して、

内田井上氏を除名処分とした。


ところが、
スポーツ庁長官は、
それに、乗っかって、何か抽象的な声明を
発表したらしい。


何やってるんですか?
スポーツ庁は?
鈴木長官は?


度重なるスポーツ界における不祥事に関して、

解決の方向性が、見えない、見えてこない。

わずか2年後に控えた
東京オリンピックは、
行事消化か?
ただのお祭り か?
景気浮揚だけか?
メダル集めか?
勝つ為には手段を選ばずか?


今回は、「スポーツ権のおおいなる剥奪や、スポーツ文化の大反省」という大問題を含んでいる。

一番大きな転換点を、重要視しないと、
またふたたび、旧態依然とした軍事教練的な部活動という大きな枕木が何段も山のように横たわることになる。

それらの封建制のピラミッドを、一段一段片付けて、解決するには、多くのスポーツの犠牲者が出ないといけないのか?
ほんとうに、政府や内閣府やスポーツ庁という象牙の塔は、
スポーツする子ども達学生のそばには、いない。

口出しや命令だけはして、金銭経済は保証しない、メダルを増やしたいだけである。

日本人全体のスポーツ総保障社会は、あと百年ぐらいかかるのか?
鈴木大地は、本気か?
ふりをしているだけか?

安倍晋三は、誰かがメダリストになったときに、直ぐに電話をして、目立つだけか?
多く金メダルを獲ったら、直ぐに国民栄誉賞に推薦をしいて、自分のてがらにしたがる。
メダルをとっていないけど、評価されるべき国民栄誉賞なみの人物は、「地上の星」として、巷に存在している。


鈴木大地さん自身も、金メダリストなので、
縦社会の重層構造に、ただ組み込まれているだけか。それなら、やめてもらったほうが早い。

日本に、、、真のスポーツは、未だ生まれていない。

関連記事

コメント

非公開コメント