2018/06/07

預言  大谷は完全試合をする




先日の雨天休みの時間に、
メジャーに渡ったサムライの先達である野茂英雄の、2つのノーヒットノーランを放送してくれた。
ドジャースで1回、
レッドソックスで、1回。
ノーヒッターというのは、
殆ど奇跡なのだと想う。あの日々、まだまだ下にみられていたアジアからきた日本人が、へんてこなフォームで、投げ出した。
ブーイングが、敵も味方も激しかった。
でもでも、
少しずつ、空気が変わっていった。
バッタバッタと、伝家の宝刀フォークで、メジャーの猛者たちをなでぎった。
完璧におちるフォークは、日本刀を居合切りでつかうようなサムライの威力をましていた。

そのテレビの時から何となく感じていた。

今日の試合は、
またも大谷は、まめをつぶして、5回までで、5勝目がならなかった。

がしかし、そんな小さいことはどうでもいい。

ゆっくりと、
試合を観ていた、
気になるところを巻き戻して、何度となく観てみた。


球場にいって、
何が美しいかというと、先発投手の美しいフォームとマウンドさばきだ。
その緊張と緩和の流線形だ。

この落ち着いた大谷翔平という日本から来た若者の、どっしりとしたマウンドさばき。

近い内に、
おそくとも、今年中に、あの野茂たちのノーヒットノーランををこえて、
「完全試合」
を、余裕でやり遂げるだろうなという予感がした。

理由・根拠)
①大谷は、捕手マルドナルド(プエルトリコ人)と、スペイン語を少しずつ覚えながら、話し合っている。

②上記と被るが、
チーム全員にとけこみ、仲が良い。チーム全体が大谷のことを好きで、何とかして攻撃して、何とか守ってやりたいと思っている。ショートのシモンズは絶品である。ライトのカルフンは、スーパープレイでダイブする。
センターのトラウトも外野を統括している。ファーストのプホールズはベテランだが、頑張り屋の日本人(イチローたち)をリスペクトしている。全員が、間一髪の守備力をほこる。完全試合にはこれが不可欠になる。大谷自身も投手周りの守備を完璧にこなし、ほとんとミスがない。みんなに安心感を与えている。

③大谷投手において、
27個のアウトの内訳
ー三振10~13ぐらいでいい。無理しなくていい。8個ぐらいでもいい、むしろ打たせて捕るリズムがばてなくていいし、周囲を信頼している証拠だ。
ー内野ゴロかフライ10~12
ー外野フライかライナー7~2

★まあ、もちろん
ギリギリのポテンヒットか、ギリギリのミスの可能性はありうるだろうが、笑顔で守るエンゼルスは、「コンセントレーション」が高く、やり遂げるだろう。完全試合というのは、投手だけの勲章ではない、チームの勲章である。


④大谷の決め球
速球が主体にあるから、抜群だ。コースを完全につくので、完全に振り遅れる。今よりもこれから温かくなり、身体が伸びてきて四肢が柔軟になるから、速球が一段と速くなる。
初球になげる曲がるカーブ、これも打てない。
スライダーも外に逃げて行って打てない。
スプリット(フォーク)は、本塁ベースの前で、急降下して落ちる、打者は完全にふる、当たらない。魔球である。
全体にわたって、コントロールが抜群。

⑤大谷の修正能力

頭脳偏差値が高い、頭がいい、
野球偏差値がいい。
どんな場合でも修正できる、独りのバッター内で修正できる。


⑥大谷のメンタル
最後にもってきたが、何はともあれ、全部を司るかれの精神力。
落ち着いた顔表情、
クレバーな頭、
自分のことが誰よりもわかっている。
他人からのアドバイスをうけることができる



★★
従って、
今年中に、
完全試合が出来る、
または、それに近いノーヒットノーラン試合が出来るはずである。
関連記事

コメント

非公開コメント