2018/06/20

サランスクの奇跡、大金星 コロンビアに日本勝つ




勝ち点は、
1点の引き分けでいいと思っていたが、

見事にかって、勝ち点が3点とは、信じられなかった。

日本はスタートから集中していた、
自陣から、香川が、浮き球を大迫へ、集中力が半端なかった大迫、
ゴールにせまる勢いのシュートにおける


こぼれ球を、後ろに来ていた香川がシュート。

焦っていた守備陣(しかも守備のかなめ)の独りが、思わず、右腕を出した、
悪質として、
レッドカード。(コロンビア1人退場)


最初から、風ならぬ大嵐がふいた。

キッカーを主張する香川。積極的だ。
香川に対して、
相手のことば攻撃の邪魔がいっぱい入る中で、
惑わされずに、
慎重に、
丁寧に、
大胆に、
真ん中に決めた。
ワールドカップの本番では、なかなか決められないコースだ。
(日本1-0コロンビア)

前半の終わりに、
また相手のしたたかなファウルをしかける攻撃で、
(長谷部をこかしながら、ファウルだとこけるプレイー反対にコロンビアのファウルではないか?と思えるほど)、フリーキックをとられた。
キンテーロの右ロングシュートをグランダ―で決められた、
(日本1-1コロンビア)

後半も
日本は
攻撃的に入った、
香川と代わった本田が、左足で左コーナーキックを、カーブかけて、綺麗に蹴った。
合わせたのは、
半端ない大迫、見事なヘディングシュートだった。
(日本2-1コロンビア)
1点のリードだ。

また大迫は、守備にも果敢に動き、ハメスのシュートもかろうじて防いだ。

凄い1回戦だった。

トーナメント進出は、
これで、いけるかもしれないが、油断は禁物だ。
関連記事

コメント

非公開コメント