2018/06/22

巨人、鎬を削る勝利




交流戦あけの、

巨人ーヤクルト戦

1回表
菅野、球数は32球もつかったが、1死満塁のピンチを、0点に抑える。
その裏
巨人は、逆に3点をあげる。
キマグレ―ロのマギーが帰ってきて、タイムリー1点。
長野が好調になっている。
2点タイムリーを2本も打ち、猛打賞も打った。

菅野は6回まででなんとか投げ切った。
続く澤村はおさえた。

6-2
だったが、
マシソンが畠山に3ランを打たれて、1点差まで追い上げられた。

8回ウラに、
坂本勇人主将が見事にインハイを左中間に叩き込んだ。普通はだれもあんな球を打てない。これが大きかった。(これほど、頼りになるキャプテンはいない。)

先日、狂ってしまった
カミネロがなんとかおさえた。
最後は坂本の華麗なるダブルプレーできっちりとおさめた。

お立ち台は、長野と坂本だった。
関連記事

コメント

非公開コメント