2018/06/25

空振りって三振??大迫のミスって半端ないって





以前から、思っているけど、

肝心な時の、
大迫のミスって、半端ないって。
ヘディングミス、空振り、いろいろなシュートミス、間一髪外し続けてきた。

そりゃあ、「半端ない」の流行語が生まれた高校大会レベルでは、ミスが目立たなかっただろう。
でも、一時期、その流行語は、死に絶えていた。半端だらけだったからだ。
ハリルホジッチ指揮の前後にも、、ミスが多かった。そのあと、ドイツの体験、筋トレ体幹、食生活の改善、結婚、等があり、
ミスは減ってきたが、相も変わらず、ここ一番のシュートが決まらない。
半端だった。

それで、問題にしたいのは、今日の空振りだ。
今回は、野球のような空振りだった。

天才柴崎から右からの絶妙なクロスが跳んだ、ほとんど完全なグランダーだ、、柴崎は蹴りやすいようにけった、、、

ど真ん中での空振りの右サイドシュートミスって、無いよ。ありえへん??165キロの大谷翔平速球ならいざ知らず、
ナイスパスだったはずだ。
小学生か?
そんなに難しいシュートだったか???逆に小学生でも決められるよ。
身体ごと投げ出しても、よかったんじゃ??サッカーは腕以外なら、どこに当ててもいいから、空振りはありえへん。



日本の得点の流れは
2度リードされて、2回追いついた。
★またまた、天才柴崎から長いロングクロス40m(こんな斜めのロングクロスパス出せる選手は、世界広しと言えども数人しか居ないだろう。)
を長友へ、長友奇跡の空中トラップ(こんなトラップも実はみたことがない、あれがフェイントになって敵がずれた~元日本代表の松井はあれはミスだが、長友は体幹を鍛えているので、直ぐに右に動けたのだ。)からのパスを乾へ出して、乾独特のシュートで1点。


★セネガルに2点目を入れられて、
後半の終盤になって、香川に代わって入った本田が光る。
大迫からクロスでゴール前の岡崎に合わせる、GKは有名な(レスターを優勝に導いた)岡崎をしっていたのだろう、目の前の岡崎の頭部ごとつぶしにかかった、それが乾に抜けた。
乾からのマイナスの折り返しパスに、、
再び、岡崎は飛びつこうとして、GKはラグビーのようにタックルしてつぶれたので(これは、相手GKのペナルティープレイを取ってもよかったかもしれない。それほど岡崎は貢献した)、本田にとおった。、
本田は、無人のゴールになったような空間に、ゴール前での小さいボレーシュートで1点。ベテランの味だった。


惜しかったねえ、惜しかった、惜しかった。
勝てていた試合だっただけに、惜しかったね。
私のプラン通りにいけば、4-1で、勝っていましたね。後半はセネガルは、ばてまくり、いらつきまくり、ひじ打ちしまくりの
プロレス状態だった。


川島GKは、ミスが多くなったね。
全盛期の実力は、もうないね。ネットでたたかれていました。


柴崎の攻撃プランは100パーセントだったと思うので、
ポーランド戦は、
柴崎大作戦でいこう。

もののけ姫みたいに、、、獅子奮迅で、、シュートは確実に決めよう。
関連記事

コメント

非公開コメント