2018/06/28

川島正々堂々のスポーツマンシップ(侍精神)と、逃げも隠れもする何処かの国のスポーツ関係者とは全然違う




日本代表のGKコーチによると、
川島起用についての批判を承知のうえで、
確かにピークを過ぎている。技術面だけでは、2番手3番手も考えられるが、
川島がこれまで経験してきた試合のレベルがはるかにちがう。その経験の質、総合力で、
川島を選んできた

と言っていた。

★『今日の会見で、
西野監督と、川島自身が二人で堂々とはなしていた。

◆ーーーーーーーーーーーーーー
  川島は2試合連続フル出場を果たしている一方、
コロンビア戦では低弾道FKを叩き込まれ、
セネガル戦ではパンチングミスから失点を喫するなど課題を露呈。批判も高まるなか、
川島はそうした声に対してコメントしている。

「日本代表の選手としてプレーするなかで、
批判されることへの覚悟がなければ、この場所にいない。

選手として、前の試合より次の試合で何ができるかが大切。前の試合はチームメイトに助けられた。
今度は自分がチームを助けたい」

 批判への覚悟を語った川島だが、
チームの状態には確かな手ごたえを得ているという。

「チームとしては1試合目、2試合目とチームスピリットを発揮できた。
チームの雰囲気は良いし、
試合に向かう上では前向きだと思っている」

と明かしている。

★本田は、
川島批判を、批判は自分だけにしてくれ、自分は批判になれているのでと、川島をかばっていた。
男気である。


★何処かの国のスポーツ関係者は、
逃げも隠れもしてきた、
言い訳ばかり、
謝罪もしていない、
協会全体が問題だ、
文科省も何も指導出来ていない、
スポーツ庁も何も出来ていない、

サッカー人気の陰で、また日和見主義でこそこそ動く。
関連記事

コメント

非公開コメント