2018/07/01

赤い悪魔をぶち倒せ






白い炎 対 赤い悪魔


がんばれ、日本戦士
岡崎の負傷不出場に対して、天才久保建英の追加募集で、緊急出場は出来ないのか、
世界では、もう、若い力が台頭しているのだ。

ベルギーの長所は、
国を挙げて、指導者があつまって、会議をひらいた。
そして、国を挙げて、クラブ、就学前、小中高大学校などすべてのサッカー団体で、育成方針、指導方法コンセプトを統一して、若い世代をそだててきたことだ。
そして、
ついにランキング1位になった、ここ2年間、24勝1分け無敗なのだ。
学ぶべきは、
そういう方策を取れば、強化は出来るという実例だ。日本は大いに学ぶべきだ。



日本には、
まだそういう統一したような育成方針がない、あるようで全然ない。みんな個性があって、それぞれバラバラなのだ。指導者において、較差だらけだ。

明日からでは遅いのだ、今日からだ、今でしょ!!!


★ 君は観ただろうか?
アルゼンチンのメッシたちを圧倒したフランスのヤングボーイ
世界に衝撃!
エムバペ“圧巻4人抜き”ペレ以来の10代2発、PK奪い取ったあの韋駄天、でMOMも獲得」

日本も、
若い可能性、わかい夢にかけるのだ。高校生大会で優勝なんかが夢なのではない、もっと考えを柔軟に。
関連記事

コメント

非公開コメント