FC2ブログ
2018/07/03

コンセントレーションの格差で負けた





悔しいなあ、
というより、なぜ???
2点先行でも、、、勝てないのか???

なぜに、逆転されたのか?



勝てそうな試合を落としてしまう日本と、

負けそうだった試合をひろうベルギーとの違い、

それは、コンセントレーションである。


「コンセントーション」
という、ここ一番のときの、高度な攻撃力と守備力の総合戦闘能力をいうが、

それらの差だった。

典型的な例はいちばんさいごに出た。

最終的には、
アディショナルタイムにおける、
本田のコーナーキックだった。
そのボールをキャッチしてからの一斉攻撃のスタートダッシュだった。
ベルギーGKは本田のキックのコースを読み切っていた。

そうして、
味方にハンドでゴロボールを出した。

ドリブルをわずか3回突いただけで、右サイドにふった。
右サイドに上がった選手は、ワンタッチで、
ルカクに通すようにして、
背中に迫る選手に、ていねいなクロスを送った。

90分間も吉田たちに封じ込められていたルカクは、
赤い悪魔だった、不敵にもにやりと笑い、芝居のようにスルーした。

3点目の決勝ゴールは、
右から来たボールを、22番の自分の利き足の左サイドで狙う難しいものだが、
これもまた、丁寧に決められた。ゴールにパスをした。


これらにかかった時間計測が、9秒台で、ウサイン・ボルトよりも速かったと報じられた。

日本が追いすがってきていて、シューターにタックルをして倒したが、一歩遅かった。

これが、
コンセントーションの格差である。

勝つか負けるかの差であり、
燕返しを返して、佐々木小次郎をぶったたいた宮本武蔵の境地である。

関連記事

コメント

非公開コメント