FC2ブログ
2018/07/06

菅野鬼神の如く







巨人対広島
エース菅野 対 エース大瀬良

みごとな投手戦だった


今日の菅野は、
まるで、鬼神のようだった。

大瀬良も寄せ付けなかったが、

菅野の集中力は、1点も絶対にあたえないような気迫が漲っていた。1ミリも隙が無かった。
8回まで、119球、11奪三振、6安打散発。

6回ウラに、
その鬼神が乗り移って、菅野自身がショートにエラー誘発の当たりを打った。
名手とされる広島の田中がエラーをして、
それが、坂本の爆発を呼び込む。
期待の1番打者につなげた。
キャプテン坂本勇人は、3球目をみごとに、バックスクリーンに打ち返した、、ど真ん中高め145キロストレート殆どくそホール球を、腰を入れて、手首を返しきって、叩き返して真っすぐに飛ばした。
気持ちが入った打撃だった。

この2点で、もちろん勝ちがみえた、でも、逆転勝ちの広島である。

8回ウラに、菅野の交代として、巨人吉川大樹がショートに深い当たりを打ち、ヘッドスライディングで、ヒットを勝ち取り、
続く、坂本は貫録の四球で、2塁1塁。
代打阿部慎之助空振りの間に吉川盗塁成功、
マギー打順の間に、坂本も進塁して、2死3塁2塁になり、
3球目をマギー―が素直に打ち返し、2点の追加点をあげた。
(最近のマギーは田代コーチから指導してもらっていて、タイムリーを打ったあとも、阿部のアドバイスをきいていた。)

4-0となり、
マシソンが3人で抑えた。
陰のヒーローは吉川だろう。

でも、
巨人は、やはりわずか5安打で、安定感としては、危ないのです。
関連記事

コメント

非公開コメント