2018/07/07

勝負に負けて試合に勝つ男、流れを変える男〜千両役者大谷、無安打四球盗塁進塁得点同点、そして逆転サヨナラを呼び込む






エンゼルス 1対2 ドジャース からの〜

(ほとんど勝利を手にしていたドジャース前田は、
唖然とした。そのドラマが最後に待っていた。)

それは、
ツーアウトの土壇場からだった。
大谷は、前田に抑えられ、左腕におさえられ、
9回ウラは、1点差の土壇場だった。
相手のクローザーのジャンセンが大谷の右肘近くを狙ったように投げてきた。
あまりにも大谷を意識しすぎて、四球という安打だった。もうこの時点で、ドラマは始まっていた。


次打者がたつと、
初球に韋駄天大谷は果敢に2塁盗塁を試みる。
慌てたドジャース捕手は、ボールを握り直し、暴投してセンターまで抜けた。
してやったり、
大谷は3塁に到達して、プレッシャーを相手にかけて、一気に流れが変わる。
この時点で、前田は泣き出しそうな横顔だ。


完全に、エンゼルスナインは生き返った。
この打者フレッチャーの粘った打球は、三遊間を抜けて、大谷は同点の生還、前田の勝利は消えた。

そして、いよいよ、
次打者キンズラーは、なんと、
止めたバットに当たり、詰まって、ライトの右横にポテンヒット、
おまけに、ライトはまた、これを握り損ねる。

ランナーは、一旦、3塁まで来て止まりかかったが、
捕手への送球が、またもや、
それてしまい、投手のジャンセンもカバーの位置にいなかった。、、、(おそらく、気が動転していた)
だから、走者フレッチャーは、逆転サヨナラのホームを走り抜けた。

エンゼルス 3対2ドジャース

エンゼルスは、
みんな飛び出し、大谷も飛び出した、水かけ大会になった。
お立ち台のサヨナラヒットになったキンズラーは、水も滴るいい男になった。
(もちのロン、本当の立役者は大谷翔平だった。)


この9回ウラはメジャーでも草野球みたいになっちまった。
やっちまったなあー、
ドジャースの前田と監督は、唖然から、茫然自失になっていた。


全て、
ノーヒットの大谷が、きっかけを作って、マンガのような逆転劇が展開された。

持ってるね、どころじゃないね。
天才大谷、翔タイム。

★ 勝負に負けて、試合に勝った とはこのことだ。
関連記事

コメント

非公開コメント