2018/07/10

豪雨危機管理赤坂自民亭本部局より




やはり、
其処に居た。料亭でお酒を飲んでいた。私のブログも的中していた。
信じられない。

その名も、「赤坂自民亭」。そのまんまやんか???
そして、何でもお受けすると開き直りまくっている。




豪雨による住民への避難指示などがすでに出ていた
5日の夜、
安倍総理を含む自民党議員が「赤坂自民亭」と称した酒を伴う会合を開いていたことが問題視されていることについて、

竹下総務会長は、
「どのような非難もお受けする」と述べました。

 「もう開いてしまっておりますので、どのような非難もお受けしようと思っております」
(自民党 竹下亘総務会長)

と、
堂々と開き直った。


西日本全体の
住民が、各センターに避難して、我が家の二階にいき、テラスに逃れ、自らの屋根に上り、

車で逃げて、車ごとおもちゃのように投げ出され、
断末魔のように悲鳴をあげていたころだった。

見えない中で、河川が行き詰り、洪水が街中にあふれ、土砂が浸透してきた、河川を乗り越えて、大水があふれ、
道路が河川になり、
街中が湖になり、海になっていた。化学工場が水と反応して、爆発して、1.5キロ先のの窓ガラスも打ち破った。


そのころ、

赤坂自民亭では、
宴もたけなわだったのか、中心軸は、アベソーリーアイアムソーリーか???

ひとつも、
アイアムソーリーと思っていないだろう。

関連記事

コメント

非公開コメント