FC2ブログ
2018/09/09

リアル大坂 半端ない!とうとうやったー全米制覇優勝‼️セリーナをストレートで下した






世界ランキング22位の大阪なおみ(20歳ー日本)は、
元世界ランキング1位のセレーナウイリアムズ(36歳ー米国世界制覇23度)に挑戦した。
大坂は、
若いけど冷静な試合運び、途中で、セレーナが、怒り出し、ラケットをぶっ壊し

審判に食ってかかった。
審判から、警告を受け、、セレーナは、泣き出した。
(大阪のコーチの方が反則のアドヴァイスをしているだろうという言い掛かり

元自分のコーチでもあった人なので、何かを勘ぐったのだろう。

だから、
大坂は、6-2,6-4のストレートでくだした。
圧巻で有る。

見事なグランドスラム初優勝で有る。

優勝が決定したら、セレーナは両腕で、ハグしてくれた。

体格的に言えば、
なおみは、180センチで有るが、しまった筋肉質で有る、
片や、セレーナは、女子プロレスラーみたいな、ゴリラ体型である。

俊敏さがまるで違う。


★ 表彰式において
yはり自己中なアメリカ人が多くて
優勝者に対して、ブーイングがやりやまなかった。セレーナが、「もう、ブーイングはやめて」と言った。
セレーナが愛される理由は 結婚して子どもを産んで 帰ってきた実力だった。

大坂なおみの優勝コメントは意外だった。
会場は全米オープンであるから、当然アメリカであり、お客さんはほとんどがアメリカ人で、セレーナはこれまでの女王であるので、
完全にアウエイであり、大坂なおみには、当然不利であったという。
🌟唯一人、反論をしていたのは、大坂なおみのバジンコーチであった。(後述)

大坂なおみは、
セレーナというテニスの先輩を憧れ、大好きで目指してきている。

「みんなが、セレーナに勝ってほしいと思っていたので、私が勝って、セレーナが負けて御免なさい。、、こんな終わり方ですいません。、」
と、言った。
こんなコメントをするのは、世界の中で唯一、日本人だけで有る、日本人の武士道にしか有り得ないのだ。
世界史の奇蹟と言っていい。
優勝して、相手の事を気遣って、御免なさいというのだ。


★大坂なおみのバジンコーチ曰く、
「今の大坂なおみは、心技体が一番充実していて、今なら、セレーナに勝てるし、大坂なおみの今後も まだまだ
伸びしろがあり、
ポテンシャルが高い。」
と決勝戦の前に発言していた。











関連記事

コメント

非公開コメント