FC2ブログ
2018/09/14

母親になった野獣





松本薫ーかつての金メダリスト


結婚して、妻になり、

出産して、母親になった。



なぜ、男と女はこうも違うのか?

男は父親になっても、簡単に続けられるが、女は違う、続けられない。


その現実の矛盾に、ぶつかる。

日本という男性社会は、とくに、
女性の努力に
あぐらかいて、
ふみつけて、勝手し放題に、男はわがままをしている。

家族を持った時には、女性に出産子育て家事その他を押し付けて、いばっている男ども。



出産後から、

柔道場に立ち向かう努力をつづける、

股関節周りの失われた筋力、バランス、体幹のなさの実感に驚きながら、
柔道場横の
教官室を授乳室にしながら、数時間おきに、泣き声が聞こえると、飛んでいく。



すごい現実の戦いだ。

少しずつ、自分の筋力と心技体を取り戻していく。

目指した大会に、準優勝を取り戻した。


もちろん、
2020の東京を、目指している。

こういう松本薫に、将来は、男女平等、子育ての大臣になって欲しい。
また、
「口先ばかりで何も実行出来ない弱虫の」鈴木大地長官より、パワハラセクハラを受けない男女平等のスポーツ界のありようを、目指したスポーツ長官になってほしい。



いや実は、
こういう ママさんアスリートが、特別美化にされて、大臣になれるのではなく、、
ふだんの、ちまたのお母さんたちにこそ、
「当たり前のすごさ」「つながっていく力」「助け合っていく力」があり、
現実の大臣、政治を任せられる現実をつくっていく必要があるのだと思う。

関連記事

コメント

非公開コメント