FC2ブログ
2018/10/04

柴山文科相、失言か?確信的発言か?超速攻辞任か?



柴山昌彦文部科学相は、記者から、
教育勅語の認識を問われて、

「現代風に解釈され、アレンジした形で、道徳などに使うことができる分野は十分にある」と述べた。

戦前から
軍国主義に走らせたものーー教育勅語ですよね。


柴山昌彦文部科学大臣、
なぜ、どうやって?どこの部分を?

🔷現代風に解釈するのですか?
🔷どうアレンジしますか?
🔷道徳などに使うことができる分野が十分にある。
〜この無理した表現。
ー廃止された経緯は知らないのですか?
52歳の東大出身の弁護士だから、十分知っておられますよね。
(だから確信犯ですよね。)


その教育勅語を、道徳などのお勉強で、どう具体的に使うというのですか?

「家族を大事にする為に、命を懸けて国を守れという心情と行動の教育ですか?」

父親母親祖父祖母兄弟姉妹は、はたして、このことを喜ぶのでしょうか?

家族を大事にすることは、日本を守る為に、よその国の人々を殺せというのですか。若者に死ね、犠牲になれというのですか?



教育勅語は、脅威苦(恐育)勅誤(きょういく ちょくご)です。


今までで、一番速い、超速攻の辞任をされますか?
あと、2年で、平和の祭典の東京オリンピックパラリンピックが、来ますよねー。
このオリパラに、教育勅語の考え、概念は、正しいですか?ふさわしいですか?
外国人や来訪者に質問したらどうですかね。



安倍晋三氏がいう、
適材適所、全員野球内閣の大事な一角が崩れましたね、、、、。
関連記事

コメント

非公開コメント